スピーカーの周波数測定・マイクアンプの製作

手持ちのマイクは周波数特性が不明だし、PCのマイクアンプは周波数特性が残念なカーブを描いている!ので、マイクアンプを自作することにした。


画像

回路はWebで見つけてきたオペアンプ2段のもの。反転アンプを2つ重ねている。NJM4580DDは低歪率だが、スピーカーの周波数特性を測定するにはもったいないくらいである。1つのICにオペアンプが2個入っており、かつ安価であるので採用する。

VR1はマイクの感度調整用。C2はオペアンプの高域補正用だが、たぶん不要だと思う。NJM4580DDは電源電圧が±2Vから使えるが、CDプレーヤーのライン出力が2V標準で、それに合わせるとすると5.7Vp-pを出力できればいいので006Pの乾電池を使う。外から見て単電源とするためにオペアンプの+入力はR6とR7で分圧し、4.5Vとしている。アンプの入出力はコンデンサでDCをカットしているから、単電源仕様でも問題ない。

アキバへ出かけて部品を買ってきた。ケースを含め、1,000円もかかってない。マイクは秋月電子でWM-61Aを買うつもりが、間違ってWM-64PKTを買ってきてしまった。


画像

WM-61Aに比べ感度は10dB程度低いが、周波数特性は20Hz~15KHzあたりまでフラットだ。短いリードもついているし、これで試してみよう。NJM4580DDは同じく秋月電子で5個入り200円。1個あたり40円。


画像

早速作ってみた。まだマイクは接続していない。無信号時の電流値は5.5mA。この状態で利得と周波数特性を測定する。但しコンデンサーマイクに電圧をかけるための抵抗R1がつながったままなので、オシレータとの間にコンデンサを入れてDCをカットする。


画像

裏側から。


画像

斜め上から。


画像

反対側の斜め上から。


画像

周波数特性は上のグラフになった。それぞれ利得を100倍(40dB)、200倍(46dB)、400倍(52dB)とした時のものを測定してある。低域は利得が低いほどフラットになるが、高域は殆ど違いがない。20Hzで100倍が-0.2dB、200倍が-0.5dB、400倍が-1.3dBだった。20KHzではどの利得でも-0.3dB。


画像

マイクを取り付けてケースに入れてみた。滅多に使わないだろうから電源スイッチも省略。

これでスピーカーの周波数特性を測定できるようになったわけなのだが、じつは秋月のUSB-DACを分解してしまったのでスイープ信号を送り出すDACが無い。理由は…。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

この記事へのコメント

ケン
2012年08月13日 08:14
 仕事が早いですね。こういうのを一つ作っておくと後々便利です。リードケーブル(延長)は長いのを用意しておくと使い勝手が良いと思います。
おんにょ
2012年08月13日 17:26
ケンさんこんにちは。安価で性能そこそこ路線で進んでいます。ピンケーブルを延ばすか、あるいはUSBケーブルを延ばすかですが、USBオーディオインターフェースがありますのでUSBケーブルを延ばす方向で検討しています。

この記事へのトラックバック