エレキットのTU-894

きっかけはこのブログに載っている写真だった。最新作TU-8100とTU-894が並んでいる。
TU-894は無骨な感じだが、いかにも「真空管アンプ」という佇まいだ。ぎゅっと凝縮している感じも良い。つい、欲しくなってしまった。アンプは沢山あるのに、まだ欲しいってか!


画像

当然現行品ではないから、ヤフオクで入手した。ECL82/6BM8を2本使用したシングルアンプだ。角を丸めた2つのトランスは、それぞれ+B用の電源トランスとヒータートランス。手前のちっこいのが出力トランス。

とりあえずそのままの状態で試聴してみた。女性ボーカルが少し細身で乾いた声のようになるが、かまぼこ特性で聴きやすいと思う。


画像

我が家へ迎え入れるにあたって、健康診断をしてみた。最初は出力を2W×2くらいだと予想して測定してしまったが、仕様では0.7W×2だった。これって、そのままミニワッターだよね。


画像

ちなみに仕様を上に示す。


画像

続いて諸特性の測定をした。周波数特性はかまぼこで、上も下も伸ばしてない。30~40KHzに少し盛り上がりがあって、それが色づけになっているのだろう。高域は200KHzまで素直に落ちており、意外に優秀だ。


画像

歪率は豆出力トランスだから、100Hzは小出力でも悪い。歪率5%では0.1W、1KHzに限れば0.7W出ている。


画像

クロストークは低域も高域も非常に悪い。低域の悪化は+Bの回りこみだろう。高域の悪化は真空管2本が隣接しているからと思われる。6BM8の三極部が、もう一方のチャンネルの五極部の影響を受けてしまっているのだ。試しに片方の6BM8にトランスケースを被せてみると、クロストークは半分程度に減少した。

あるいは内部配線の問題(五極部のプレート配線が別チャンネルの三極部のグリッドへ接近しているとか)かもしれない。まだ内部を開けて見ていないので何とも言えないが。

折角入手したものだから、レストアすることにしよう。入手したものは全体にサビが浮いてきているので、一度解体して再塗装することにする。シルク印刷が消えてしまうが、致し方ない。

ワンタッチのSP端子はバナナ専用端子に変更する。入力端子も自分好みのものに変える。電源ケーブルは本体から直接生えているが、出来たらメガネプラグに交換するつもり。

回路にも手を加えるつもりだが、これに関しては後日紹介予定。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

ひでじ
2012年08月25日 22:46
面白そうですよね!
少々年代物の真空管Ampを安く入手して、
現代風にレストアしたら、新作を製作したみたいで、一石二鳥ですね。
ただし
いいトランスの載った物はオクでも結構なお値段で取引されていますね
おんにょ
2012年08月25日 23:10
ひでじさんこんにちは。そうです角にRのついた電源トランスに目を付けたのです。この機種は出力トランスが豆トランスなせいか、リーズナブルな価格にてヤフオクで取引されています。東栄のT-1200クラスに載せ換えてしまえばミニワッターとして良さげなのですが、残念ながらシャーシに乗りません。低域は諦めるとして、心地よい音をめざしてレストアすることにしました。

この記事へのトラックバック