バンブーオーナメント・スピーカー・ScanSpeak版・製作編

とにかく毎日暑い。夜の間だけでも涼しくなってくれればいいが、そうもいかない。こんな時はちょっとでも興味の湧くことで暑さを忘れてみよう。

STEREO誌2012年8月号にはScanSpeakのスピーカーが付録。Webで情報を集めてみると、実際は10cmではなく9cmくらいのスピーカーらしい。これをバンブーオーナメントに入れて鳴らしてみたら面白そうだ。

STEREO誌は普段900円くらいだから、計算してみるとスピーカーユニット1本で1,000円相当となる。これくらいならイタズラでいじり倒しても良いだろう。インターネットで在庫があるところを見つけてポチってしまった。

入手したものは、まるでコーン紙とエッジがVifaのTC9FD-18-08とそっくりだ。Vifaもデンマークだし、同じ部品が使われている可能性が高い。

TC9FD-18-08は実売1,500円くらいだから、ScanSpeakがそのコストダウン版だとしたら嫌だなあ。フレームはプラスチックだしね。それに、音色まで同じだったらつまらないぞ。


画像

私のには産地表示(笑)がされていた。

バンブーオーナメントは近所のニトリへ行ったら在庫が無く、やはりインターネットで注文した。

数日して届いたので、早速スピーカーの製作にとりかかる。


画像

ゴムハンマーでオーナメントの底を叩くと、ポコンと抜ける。思い切りやってデカ穴にならないように注意。


画像

竹の繊維がぐるぐる巻かれているので、ニッパーで引き出しながら穴を大きくしていく。


画像

ちょうどスピーカーユニットが取り付けられる大きさになったら、半丸ヤスリで整える。この後、ささくれ防止に瞬間接着剤を染み込ませておく。


画像

2個穴開け完了。後でやったほうは油断していびつな穴になってしまった。でもユニットで隠れるので問題無し。


画像

次はバスレフポート。内径40mmの塩ビ管をホームセンターで買ってきた。


画像

えいや、で100mmの長さに切断。まだ余りがあるので、長さを変えて試すことができる。

スピーカーユニットに配線をハンダ付けし、末端にバナナ端子を取り付ける。オーナメントに固定穴を予め開けておく。ここらへんは画像無し。ユニットを本体に取り付け、ビスで締める際には、コーン紙を手で覆って隠す。こうすると、ドライバーでブスッ!が防止できる。スピーカーユニットとオーナメントにすき間ができているかどうかは、オーナメントの口から息を吹き込んでみるとわかる。


画像

バスレフポートにウエスを巻きつけ、オーナメントの口に突っ込んだら出来上がり!


画像

正面から。そういや付録にビスが付属していたような…後で取り替えよう。


画像



画像

配線はポートから出している。これが一番ラク。オーナメントにバナナ端子を固定するのは面倒だから。


画像

デスクトップに据え付けて試聴中。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

ひでじ
2012年08月04日 11:46
こんにちは
昨年のデジアンといい、この付録SPも結構ブログ仲間ではやっていますね。
バンブーオーナメントでの、音、感想楽しみです
おんにょ
2012年08月04日 22:39
ひでじさんこんにちは。
スピーカーはエージングで音が変化しますからね~、果たしてどうなるか?

この記事へのトラックバック