スピーカーの周波数測定

やっぱり夏だから暑い。当たり前か。何か汗をかかないでできる事は無いかなあ、などと冷房の効いた部屋でぼんやり考えていた。そうだ、スピーカーの周波数特性の測定はどうだろうか?

という前振りはどうでもいいこととして、その測定には高価なマイクが必要で、専用の機器を買い揃える必要があるのかな、と思っていた。

ところが、とあるWebを眺めていたら、パソコンのソフトとコンデンサマイクで測定が出来ると書かれてあったのだ。何しろ遊びであるから、こういうのには極力オカネをかけたくない。測定がいい加減でも何とか測れれば良いのである。

実験台にはデスクトップで使用しているバンブーオーナメント・スピーカーを使用する。ユニットはVifaの3.5インチ、TC9FD-18-08で、リアバスレフとなっている。


画像

物入れをごそごそしたら、昔買った安物のコンデンサーマイクが出てきた。PanasonicのRP-VC201という機種。これをパソコンのマイク入力へプラグを差し込んで測定してみよう。

パソコンにはたまたまWaveSpectraWaveGeneがインストールしてあった。WaveGeneでサイン波をスイープし、マイクで拾ってWaveSpectraで特性グラフを描かせれば良い。

マイクやパソコンのマイク入力の周波数特性はこの際問わないとする。それよりもスピーカーの周波数特性の凸凹のほうが断然大きいと思われるからだ。


画像

WaveGeneの設定は上のようにした。20Hzから20KHzまでのサイン波を20秒かけてスイープする。秒数はいい加減。

WaveSpectraは歪率の測定で使っているので、設定を変更したくない。どれを変更したのか忘れてしまうからだ。そのままで測れるかどうか?


画像

全体の構成はこんな感じ。パソコンから秋月のUSB-DACを通してラインプリ~メインアンプでスピーカーを鳴らす。その音をマイクで拾ってパソコンに取り込む。


画像

これはメーカー発表のVifa TC9FD-18-08、軸上1mでの周波数特性。


画像

結果は上に示す特性グラフになった。スピーカーの軸上10cm(笑)で測定している。遠いと部屋の影響が出るし、アンプがミニワッターだから大きい音を出せないんだよ。

50Hz以下はエアコンやクルマなどの暗騒音を拾ってしまうので参考程度として、意外にちゃんと測定できているようだ。60Hzのピークはバスレフポートからの音で、80Hzに小ディップがあってユニット自身の音とつながっていく。この小ディップは、聴取位置では消えると思われる。


画像

これはバスレフポート直後で測定したもの。60Hzをピークにだら下がりとなっている。エンクロージャーに吸音材が入っていないので、500Hz以上はスピーカーユニット背面の音がダダ漏れになっている。

なお、ちゃんとマイクの位置を固定して測定していないから、測るたびに違った周波数特性になる。だから上記のグラフはたまたまそうなっただけで、本来の周波数特性が測れているかどうかはわからない。


画像

参考に、デスクトップ使用で自分の耳の位置にマイクを持ってきて測定してみた。意外とフラットな特性になってビックリ。50Hz以下は暗騒音を拾っているので無視してね。

とりあえず測定できることはわかった。再現性は不明。まあ、ヘンな周波数特性じゃないからいいか。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

ケン
2012年08月01日 11:40
 これでも充分解りますが、秋月でWM61Aでも購入すれば結構使えます。それよりPCのマイク入力の方が怪しいですから、ループバックで特性を確認すれば補正もできます。
 まあそれよりまず色々測ってみるのも面白いですし、為になりますね。
おんにょ
2012年08月01日 17:37
ケンさんこんにちは。
PCのマイク入力でループバックのF特を測ってみましたが、200Hzあたりからだら下がりの残念な特性でした。何か補正する方法はあるのでしょうか?
USBオーディオプロセッサSE-U33GXのマイク入力でも試してみましたが、同様なF特でした。
take
2012年08月06日 03:26
低域側の特性は立派ですね。1KHzから3KHzに向かっての上昇はバッフルステップと思います。バッフル面積が小さいのでBOSP(バンブーオーナメントスピーカー)ではこの辺りの周波数になります。アンプの入力などで簡単に補正するとぐっと落ち着いた音色に変身します。現状でお気に入りの場合は大きなお世話ですが。
おんにょ
2012年08月06日 18:35
takeさんこんにちは。コメントありがとうございます。バッフルステップというのは初めて聞きました。20dB近く持ち上がっている現状では、6dBはさほど気にならない値です。むしろVifaとScanSpeakで音の違いがよくわからないのは私の駄耳によるもので、そちらのほうが問題です(笑)。
ケン
2012年08月09日 09:50
 ご返事が遅くなりました。
MySpeakerでは補正ファイルを読み込むようになっています。ループバックの逆特性をテキストファイルで書き、読み込むことで補正できます。
おんにょ
2012年08月09日 19:04
ケンさんこんにちは。コメントありがとうございます。
なるほどMySpeakerで補正ファイルを使うのですね。マイクアンプが完成したらループバック特性を調べてみます。

この記事へのトラックバック