6922プッシュプルアンプ・再塗装

6922プッシュプルアンプの再塗装をスタートする。シャーシ自体は塗装を剥がさず、OPTの塗装がくっついたところだけ耐水ペーパーで水研ぎした。裏蓋も水研ぎを完了。

プラサフを切らしてしまったのでDIY店へ買いに行った。HOLTSのプラサフ・グレーが品切れしていたので、ホワイトを買った。どうせ上地塗装で隠れるからどんな色でもいいだろう。

シャーシと裏蓋はプラサフを2度塗りした。

ついでに電源トランスのコアをつや消し黒で塗装。4,950円もするのに、コアの地の色がまだらに見えていると興ざめする。

ビスの頭も塗装する。ネジの溝に塗装がかかってしまうと締めるのに力が要るから、ダンボールにキリで下穴を開けて突き刺し、溝のところに塗装がかからないようにする。


画像

MonotaROからカレイナットが届いた。カレーナットね。カレー ナット、カレー ナットゥ、カレー納豆???

次はシャーシと裏蓋の本塗装をする。アサヒペンのクリエイティブカラースプレーで色はディープグリーン。


画像

乾燥は部屋にロープを張って針金で吊り下げ、電気ストーブで簡易焼付塗装。温度は50℃~70℃の低温で1時間半。針金はクリーニング屋の針金ハンガーを加工したもの。

塗装→自然乾燥(30分)→簡易焼付塗装(1時間半)のサイクルで一回塗るごとにやった。途中、風が強くなり中断。下敷きにしている新聞紙がめくれ上がることもあるし、ホコリが塗装面に付いてしまう。

今回は2度塗りで完了とした。とりあえずシャーシが塗色で覆われたので良しとするか。

後日、シャーシの塗装が乾いたようなので、カレイナットをはめこんでみた。

ラジペンを使ったがどのくらいの力が必要かわからない。斜めにはまってしまうので、ペンチで思い切り押さえつけた。そしたらシャーシの塗装が剥がれた(あ~あ)。

とりあえず4個できたので完了とする。剥がれた塗装個所は紙に塗料を少量出し、つまようじで塗りつけておしまい。どうせ見えなくなるところだし、良いだろう。妥協だ。

画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック