5670Wパラプッシュプルアンプ・動作一発OK!

5670Wパラプッシュプルアンプの進捗。

配線チェックを2回やって電源投入。すぐに電圧チェック、設計値との極端な差は無い。

入力端子に指を触れてSP端子のAC電圧をチェック。増幅されていることを確認。71A直結シングルアンプに続いて1発動作だ。

DCバランスは双三極管のせいか、すぐに取れた。+B電圧は設計よりも10V程度低い。ヒーター電圧は6.9Vもある。

オシロ・ミリボル・オシレータをつないで動作チェック。

利得はNFB無しで約11倍。6922プッシュプルは13~14倍だったから低め。周波数特性は0.125Wで5Hzでも-1.4dBと優秀。高域は-3dB点が40KHz。

最大出力はオシロの読みで0.5W。まあこんな程度なんだねぇ。残留ノイズは0.3~0.4mV。DFは0.78、低い。NFBをかけないとダメだ。

NFBを6dB程度かけてみる。利得は5.5倍(14.8dB)とした。周波数特性は35KHzに0.8dBくらいの盛り上がりができた。

ダミーロードをOFFにしても、ダミーロードと並列に0.1μFのコンデンサをつないでみても安定しているが、小ピークは平坦にしたい。NFB抵抗に1500pFのフィルムを並列接続したらほぼ平坦になった。

残留ノイズは0.2mV~0.3mVに減少。DFは2.4~2.5に増えた。これくらいならOKか。

ヒーター電圧が高めなので、パーツケースをごそごそやって0.68Ω1Wの抵抗を2個見つけた。並列にして0.34Ω2W。1.2Ωと直列につないだらヒーター電圧は6.5Vまで下がった。とりあえずOKとする。

ケースを閉じてみたら残留ノイズが0.1mV~0.15mVまで下がった。Rコア電源トランスの漏洩磁束は少ないんだね。

クロストークは0.125WでL→Rが全帯域で残留ノイズに埋もれたまま。R→Lが50KHzあたりで最大-77dBくらい。他は-80dB以下をキープ。予想外に優秀。


画像

NFB後の諸特性は上記の表のようになった。

続いて試聴。バンブーオーナメントスピーカーにつないでみる。アンプ単体で電源ONしても、ノイズは全然聞こえず静か。

ずいぶん低音がフラットに出ている。出力以外は他の自作アンプに引けを取らない感じ。鮮度の高い、澄んだ高音。

前回の予想される問題点に対する結果。

① NFBのつもりがPFB、下手すると発振。
 ちゃんとNFBがかかったのでOKだった。

② 残留ノイズが多い。
 予想を裏切る好結果となった。Rコア電源トランスって漏洩磁束が少ないんだね。

③ +Bが低くて出力が減ってしまう。
 これは予想どおりとなった。設計に対し10V程度低い。見積りが甘かったのかも。

④ 高域にピークが生じる。
 これも予想どおりだった。高域のポールが接近しているというより、OPTの特性なのかもしれない。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

klmnji
2012年02月09日 21:08
一発OK!
おめでとうございます。
私のプリは、まだシャーシに並べっこしてます。一緒にトランス買ったのにな~。
おんにょ
2012年02月09日 21:51
klmnjiさんこんにちは。
どうもありがとうございます。
そんな急がなくても、トランスは逃げませんから(笑)。
とんとん
2012年02月10日 22:25
おばんで~す。予想を二つも外しちゃったの!。ノイズが少ないのは何より、一発動作に拍手!!。
出ずっぱりだし、ラジオも途中でほかってるし~、アンプ作りまで手が回りません。人様の物を指をくわえて・・・我慢我慢!。
おんにょ
2012年02月10日 22:40
とんとんさんこんにちは。
NFBかPFBかは確率50%ですし、ノイズはスピーカーに耳をくっつけても聞こえません。
ラジオというより通信型受信機ですね~、ゆっくり仕上げて下さい。

この記事へのトラックバック