バンブーオーナメント・スピーカー その4

ニトリのバンブーオーナメントは現在欠品中だ。スピーカーのエンクロージャーとして全国で買い求める人が殺到したに違いない!?

というのは冗談として、商品が無くならなくてよかったね。こういうものは売り切れたらそれでもうおしまい、というケースが多いからだ。

さて、バンブーオーナメント・スピーカーのその後。

コイズミ無線でバスレフダクトBP35Jを買ってきた。これはポートの長さを可変にするもので、調整しながら試せるというわけ。

ところで、ダクトだったりポートだったり、何か違うのだろうか。同じ意味に使われているみたいなのだがよくわからない。

とりあえず一番短い状態、2個に分かれているポートの取付ビス穴のあるほうだけを使ってインピーダンス特性を調べてみた。ところが2つあるスピーカーで特性が異なる。どうも変だと思ってオーナメントの口から息を吹き込んでみると、取り付けたユニットとオーナメントの間からエアー漏れしていることがわかった。

VifaのTC9FD-18-08って後面取付用だから、ガスケットを剥がして取ってしまった。たまたまそのガスケットを捨てずに取ってあったので、ユニットの後ろに入れてみたら、エアー漏れが収まった。

その状態でインピーダンス特性を再測定してみると、両方のスピーカーで特性がほぼ同じになった。ガスケットが無いとエアー漏れしてしまうんだね。1つ賢くなった(笑)。

だから、拙ブログにあるこのインピーダンス特性(一番下のグラフ)は、エアー漏れした状態で測っていたというわけ。


画像

前置きが長くなったけど、再測定した結果のグラフは上のようになった。ユニットのf0は150Hz、ポートの共振周波数fdは58Hz75Hz。今回使用しているスピーカーではfd/f0が0.5~0.7の間位が良いようだ。fdのチューニング共振周波数は75Hz~105Hzとなる。

なのでポートの共振周波数が低すぎる。ユニット単体の周波数特性は150Hzあたりからだら下がりになっているが、バスレフの効果は殆ど無いだろうと思われる。

ポートの共振周波数を上げるにはポートを短くすれば良いが、BP35Jではこれ以上短くできないし、カットするしかない。

それでも以前作った差動ライン・プリアンプを使ってバスブーストしてみると、低域の増強はかなり感じられるし、しばらくこのまま聴いてみようか。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック