71A直結シングルアンプ・本番機の初期評価

簡単に諸特性を調べてみた。


画像

試作機と違うのは、試作機が利得を増やした代償として歪みの打ち消しができなかったこと。試作機はNFB量を多くできたので、結果として周波数特性の高域を伸ばすことができたし、DFも高めることができた。

本番機はぺるけさんの作例と同様な回路にしたので、同じような特性となった。

測定治具を使用して左右入力をショートさせた時の残留ノイズが0.4mV~1.0mVと悪い。上の表ではクロストーク測定時の残留ノイズの値を入れてある。

トランスのコアが浮いていたのでアースしてみたがあまり変わらない。AC100V配線が入力と接近しているのが気になり、配線の取り回しを変更した。結果はやはり同じ。

トランスカバーを触ると残留ノイズが下がる。カバーがアースから浮いていたのでネジのところの塗装を除去して組み直ししたが、やはり変わらない。裏蓋をアースしてみるが変わらない。

一体何なのだ? 試聴時にスピーカーへ耳を近づけてみたが、ほんのわずかウーンと鳴っているのがわかるくらいだ。

入力周りのGNDの取り回しが原因なのかな? 結局わからなかった。


画像

GND配線は上記のようになっている。GNDループは無いし、問題無いように見えるのだが。聴いて問題ないのなら良しとするか。


画像

シャーシ内部は現状こんな感じ。

(追記)
上の画像を見て妙にきれいだな、と思われた方、そのとおり!妻のFinePix S2500HDというデジカメを借りて撮ったらこんなになった。周囲までボケずに写っている。もう自分のデジカメは時代遅れなんだね。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひでじ
2011年12月31日 23:03
おんにょさん
こんばんは!
今年も残りわずかですね!
自分の今年を振り返ると、大震災、ネットワーク、PCオーディオでした。
そうそう、OPTロードラインより負荷抵抗の浅い(4Ω端子より8Ω端子)を使ったほうがよかったです。
来年は目標として6AH4GTの3段増幅Ampを製作したいです!
それでは
良いお年をお迎えください!
おんにょ
2011年12月31日 23:22
ひでじさんこんばんは。私の場合は今年アンプ5台、ラジオ1台作りました。作りすぎですね。作ってばかりでは何なので、リニューアルを考えています。来年は71Aシングルアンプを完成させること、5670Wミニアンプ、5A6ローワッターCSPPアンプを作る予定です。そろそろ飽きてくるはずなんだけど?
おんにょ
2011年12月31日 23:29
OPTの1次インピーダンスを高めにすると出力が取れますが、低域に不満が残ります。だから私のアンプは低域を伸ばして高域はそれなり、という特性が多いのです。
tk
2012年01月01日 10:30
今年もよろしくです。tkです。
私も作っても作っても飽きないですね。基本的に何をしても音が、変わるからでしょう。かるーく700本以上は、有りますのでどうしましょう。殆ど低価格球ですが・・・

あそこにアンプを投稿していますので時々見てやってください。ファインメットコアは、良いです。

今年は、破格CDの中古屋さんを探さなくていけませんね(田舎は、なーんも無い)。   良質のソフトは、重要ですね。tk
おんにょ
2012年01月01日 11:06
tkさんこんにちは。本年もよろしくお願いします。
700本というのは持ちすぎではないでしょうか?テレビ球アンプ大会なんてやったら面白いかも。CDならヤフオクを覗いていれば、手頃なのが出てくるのではないでしょうか?

この記事へのトラックバック