6N6Pプッシュプルアンプ・配線完了~試聴

6N6Pプッシュプルアンプの進捗。


画像

基板を作成した。左が電源基板で右の2つがアンプ基板。まあこんなもんだろう。アンプができた後でぐちゃぐちゃチューニングとかが無ければ良いが。

ハンダ付けには百円ショップで買った、度が+1.0の老眼鏡を使用してみた。近くを見るのに疲れなくて良い感じ。後で鏡を見たら、しっかり目の周りに隈が出来ている。やっぱり疲れるのかな?

出力トランスから出ている配線をちょうど良い長さに切った。そんなに高価でないトランスだから、配線も思い切って切り詰めてしまう。1本だけ中継する立ラグの位置を間違えて短くしすぎてしまい、まずい!とあせったが配線の取り回しを変えたら大丈夫だった。


画像

下側のカバーを塗装した電源トランスを組みつけて、黙々と配線作業。

AC1次配線を済ませて電源トランスの電圧チェック、OK。
ヒーターの点灯式を完了。
次は+Bを配線して電圧が出ることの確認。
さらに-C回路を組んで電圧が出ることを確認した。

真空管ソケット周りの配線と抵抗を付けて、最後のシールド線の配線が完了。

+B~カソード間のコンデンサは未接続。だから回路は差動アンプだ。

配線チェック後に電源投入。各部の電圧を測る。ほぼ予定どおり。出力管のDCバランスを取る。

オシロ・ミリボル・オシレータをつないでチェック。波形チェックで問題なし。一発動作OK。波形の上下がなまるので、最大出力がわからない。3次歪みが多くなる。

簡単に各特性を測定。4dB程度の軽いNFBをかけてみる。利得は4.5倍。

次は試聴。
谷山浩子のアルバムで声質を確認する。ちょっと乾いている感じ。音色は繊細でモニター的。音域は高いほうへ偏っている気がする。もっと低音が欲しい。音量を上げてもうるさくないが、刺激も少ない。

ナウシカのシンフォニーをかけてみる。平板な感じ。もっと奥行きが欲しい。

物足りないなあ。

+B~カソード間のコンデンサを接続することにした。これで出力段がDEPPとなるはず。

オシロで確認すると波形のなまりが見られず、急に飽和する。出力はオシロの読みで1.1W。予定通り。

4.1dB程度のNFBをかけて利得を4.5倍とした。オシロで矩形波を見ながら波形補正のコンデンサを入れる。1500pFでちょうど良くなった。

再び試聴。
谷山浩子の声はあまり変わらない。ちょっとつやが出たかな、という程度。今度は低音が良く出てウェルバランスになった。ナウシカのシンフォニーでは奥行き感がある。

聴きなれた音。安心する。音量はこちらのほうが感じられる。

やはり差動アンプには馴染めないのか。


画像

配線が完了したシャーシ内部。部品が少なく感じられる。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック