6N6Pプッシュプルアンプ・設計変更

組み立て段階まで進んでいるのに、いきなり設計変更とはいかに!
実際の変更は大したことないのだが、ロードラインの引きなおしだから設計変更に値するよね。


画像

現状のロードラインは上記のグラフになっている。6N6Pの動作点をEbb=160V, Ip=14.4mA, Eg=-6.2Vとしてある。

最大出力Poは、
 Po=(Ebb-Epmin)*(Ipmax)/2=(160-71)*(0.0225)/2=1.0W


画像

試しにRLを2KΩとしてロードラインを引いてみた。動作点は同じ。

最大出力Poは、
 Po=(Ebb-Epmin)*(Ipmax)/2=(160-92)*(0.034)/2=1.16W

何と増えてしまったではないか。
これはOPTのインピーダンスを16KΩ:8Ωから8KΩ:8Ωに変更した場合だ。即ちOPT 2次の0-8Ωを使うようにしたこと。元は2次の0-4Ωを8ΩのSPにつなぐことで、1次を16KΩにしていた。

この変更により、周波数特性の高域特性が良くなる、低域特性も良くなる反面、ダンピングファクターが低下するなどの違いがある。たぶん、聴感上の低音の響きが良くなるものと思われる(これが狙い)。


画像

次に、動作点は同じで差動プッシュプルにした場合のロードラインを引いてみた。

最大出力Poは、Ip=14.4(mA)、RL=8(KΩ)で
 Po=Ip^2*RL/2000=(14.4)^2*8/2000=0.829W

最適な動作点はEbbをもっと低く、Ipをもっと多く流さなければならないが、DEPPで設計しているのでベストにはならない。


画像

回路は上記のようになった。出力トランスの2次インピーダンスを変更しただけだ。C1を削除するだけで前述の差動プッシュプルになるというわけ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック