17JZ8 CSPPアンプ・本番機完成

2011年8月28日にキックオフ、こつこつ作ってきた17JZ8マッキントッシュタイプCSPPアンプが3ヶ月でようやく完成した。特性データを取り、その後裏蓋を取り付けて写真撮影。

今まで作ってきたアンプでは1・2位を争うような高音質。しかも出力は10Wあるから十分。安価なテレビ球を使っているが、音色はしっとり艶やかでコクがある。


画像

始めに諸特性。試作機と比べてすこし違うのは左チャンネル。真空管を交換したために利得が少々増えた。これは真空管のバラツキによる。NFBは8dB程度しかかけていないが、特性的には申し分ない。もっとかければ良くなるだろうが、これで十分だろう。


画像

周波数特性。OPTのASTR-20が優秀だから、高域の暴れが全然見られない。左チャンネルのほうが少し広帯域なのは、NFB量の違いによるもの。


画像

クロストーク特性。L→Rのほうが高域で劣化しているように見えるが、試作機と比べてR→Lが改善されたためにかえってL→Rが目立つ結果となった。20KHzでも-78dBあり特性的には十分だ。


画像

歪率特性。5Wから8Wにかけて歪率が良くなっている不思議なカーブを描いている。


画像

いつものようにアンプの画像を公開。ボリュームツマミの色が似合わないような気がするので、後日別の色のものに交換するかもしれない。放熱穴が配線でふさがっているのは良くない。でも手を真空管の上にかざすと熱気が上がってくるので大丈夫じゃないかなと思う。


画像

これが一番見映えがする角度かな?


画像

斜め上から撮ってみた。真空管ソケットの穴をサブプレートでふさいでいるのがわかるだろうか。ボロ隠しだ。


画像

反対側から。シャーシの奥行きは170mmだが、内部に部品を配置するのにぎりぎりの寸法だった。そういう配置をするからいけないんだけど。


画像

裏側。"OUTPUT"じゃなくて"SPEAKERS"だよね。まあいいか。


画像

シャーシ内部。今回は内側も塗装した。シャーシアースを取るところには菊ワッシャー(菊座金)を使用。ネジを締めるだけで導通が取れるから便利。塗装を剥がす必要がない。

ま、大したワイヤリングじゃないし、こんな程度だよ(笑)。


画像

最後に回路図を掲載。試作機のブートストラップ切り替えをやめて、通常の初段用電源を使ったものとした。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

arunas001
2011年11月30日 11:34
arunas001です。
何時も楽しく拝見していますが、きちっとデータを掲載していいただきますので大変参考になります。私もARITOさんのご指導で6L6GC/EL34共用CSPPを製作しました。またARITOさん自作のトリファイラ巻きOPTを使った17AV5GA・TCSPPを作ってみました。このアンプはまだ若干問題を残しましたので再度挑戦しようと思っています。次に機会があれば、13JZ8や6LU8でやってみたいと思っていますので、この17JZ8は大変参考になりました。ありがとうございます。
おんにょ
2011年11月30日 18:16
arunas001さん書き込みありがとうございます。arunas001さんのブログも毎日拝見させて頂いております。CSPPはドライブ電圧が高いのでFET-三極管カスコード差動という手を使いましたが、三極管2段のドライブでブートストラップを使う方法もあります。テレビ球はペアを組むのに選別しなければなりませんが、球自体は丈夫ですのでいろいろ発掘されて楽しむのも一興かと存じます。
klmnji
2012年01月09日 18:44
吉例2012新春OFF会で聴かせていただきました。
真空管の良さをそのままに、半導体の強さを感じました。
ウ~ン素晴らしい。
おんにょ
2012年01月09日 21:56
klmnjiさんこんにちは。新春オフ会お疲れさまでした。やはりミニワッターが真価を発揮するのは静かな試聴環境と思います。
17JZ8 CSPPアンプは馬子(駄球)にも衣装のCSPPかしらん?

この記事へのトラックバック