17JZ8 CSPPアンプ・配線完了したのだが…!

本当はブログに書くとまずいことがあるかもしれないが、やっぱり書いてしまう。問題があったら削除しますのでコメント下さい。

画像

順調に配線作業が進み、電源トランスの電圧チェック、点灯式、電源回路の動作チェックまでは良かったのだが…

配線チェックが完了し、電源スイッチを入れてみた。えっ、何やら焦げ臭い(@_@;。慌てて点検するけれどもわからない。

そういえば…回路チェックをしていた際に、たぶんカソード抵抗を測った時であろうか、数値の妙なのがあったような…実際に電源を入れて確認すればいいやと軽く考えてしまったのだった。

怪しいカソードのパスコンを見てみると膨らんでいる。テスターで抵抗値を確認すると妙に低くなっている。どうやら電解コンデンサがショートしてしまったようだ。

コンデンサとカソード抵抗を取り外して、抵抗だけを仮付けし、再び電源を入れてみる。抵抗が白熱化!(赤熱化ではない)してオープンになってしまった。テスターで電圧を見ていたが、たぶん100Vくらいにはなったように思う。100V×100V/270Ω=37W!である。

出力トランスASTR-20のカソード巻線がおかしい、と判断して絶縁を測って見るとP1-B-P2巻線とK2-E2巻線とが低抵抗ショートしていることが判明した。出力トランスを外して、各巻線の絶縁を調べてみる。P1-B-P2巻線とK2-E2巻線の低抵抗ショート以外は異常が見つからなかった。

この2つの巻線はバイファイラ巻きなので、どこかで絶縁破壊が生じて低抵抗ショートが起きたのであろうか? +Bは今回250V位で、最大許容電源電圧500Vの半分である。アタマで考えるに、自分で壊したとは考えにくい。

あと考えられるのは発振くらいなのだが、このアンプの出力はせいぜい10Wで、発振したとしてもそれ以上の出力は出ずにクリップしてしまうのだった。

そういえば回路チェック時にカソード抵抗値がちぐはぐだったんだよな、その時にもっとちゃんと調べれば良かったんだよな、と思っても時すでに遅し、である。

何しろアンプの趣味が再開して7年、それまでに作ったアンプはことごとく一発で動作していたから油断があったのだろう。出力トランスの単体チェックをせずに組み込んでしまったから、私の取り扱いが悪かったのか、元々トランスに不具合があったのか判断できないのである。

もう片チャンネルは正常に動作したから配線ミスや回路チョンボとは考えにくい。とりあえず正常なチャンネルで評価を続けるとして、出力トランスの顛末は後日、拙ブログで報告するつもりだ。


画像

          (壊れたパスコンとカソード抵抗270Ω2W)

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

joy2005
2011年10月10日 22:00
こんばんは。
それって、最初からトランスが不良品ぽくないですか。
12,000円もするトランスなんですから、メーカに連絡した方がいいですよ。
元々トランスに不具合があったのかは、トランス屋でもない限り分からないと思いますので、分解せずにメーカに送り返すのが良いと思います。
おんにょ
2011年10月10日 22:14
joy2005さんこんにちは。
実はブログに書いてないところで事態は進んでいます。トランスはメーカーに返送済みで、解析してもらえることになっています。仮にメーカーの出荷前検査で引っかからなかったとしたら致命的な問題で、そのへんを心配して冒頭で口を濁しているんです。トランスはピッチ詰めされているので本体を取り出してチェックすることになるのでしょうが、そこまでしてもらえるかどうか?

この記事へのトラックバック