71A直結シングルアンプ・ちょこっと改造

昨日の内容につき、ちょこっと改造してみた。


画像

71Aのカソード抵抗R4を5.2KΩから5.8KΩに増やし、VR1を回して+Bを265Vから269Vに上げ、さらにVR2を回して71Aのグリッド電圧を45Vから55Vにまで上げた。


画像

とりあえず歪率特性を取ってみた。やはり懸念していたことは当たっていた。歪率5%での出力は0.45Wから0.6Wにアップ。初段がリミットして最大出力が抑えられていたわけだ。


画像

改造前の歪率特性を上に示す。

拙71A直結シングルアンプは、ぺるけさんの171Aミニワッターに比べて1KHzでの歪み打ち消しが行なわれていない。これはおそらく私のカスコードトランジスタの動作点と負荷抵抗が最適でないせいだろう。利得を増やしたためにトレードとして歪み打ち消しが行なわれなくなったわけだ。

初段にデカップリングを設けてカスコードの負荷抵抗を減らせば、たぶん歪み打ち消しは行なわれると思う。後日、気が向いたら回路を考えてやってみよう。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック