17JZ8 CSPPアンプ・基板完成

ようやく涼しくなり、ハンダゴテを握るのに良い季節となった。17JZ8 CSPPアンプの基板が完成した。


画像

それぞれ+B電源基板、+B1電源基板、アンプ部基板(2枚)、-C電源基板の構成となっている。+B・+B1電源基板は、電解コンデンサを差し込んでみて基板から極力はみ出さないように、コンパクトにレイアウトした。

電解コンデンサ外側の金属はビニールの被服を挟んで向かい合っているから、これがリードのマイナス側に接続されていると耐圧が心配だ。デジタルマルチメータで金属とリードの抵抗を測ってみたけれど、モノによって無限大だったり数百KΩを示したりと様々だった。いずれにしてもリードのマイナス側に直接つながっているわけではなさそうだ。


画像

下に敷かれている穴あけ図は左右を逆に印刷してあるので、シャーシ内からみた図面となっている。一部、基板に取り付けられている部品同士が接近しているが、干渉している様子は無い。現状では出力トランスから出ているリード線と基板とが干渉しそうだが、逃れるために基板のスペーサーを長いものにすると今度は電解コンデンサの頭がシャーシから飛び出してしまう。

電源基板を別の場所に移動することも考えた。でもまあ、実際にやってみればいいんでないかい?


画像

アンプ基板に立ラグが取り付けられているのがわかるだろうか。部品の配置を検討すると13Pの平ラグが必要なのだが、市販されているのは12Pまでで、それ以上は15Pになる。15Pだとアンプ基板が長すぎるので小技を使ったという次第。もしも回路変更で素子が追加になったら?そういうことは考えないことにしよう(笑)。


画像

上の図を見て欲しい。電源トランスの同一巻線からそれぞれ+Bと+B1を作る時、それぞれを別々の基板で組むとGNDループができてしまう。GNDループは、中を電源トランス等の磁力線が通ると起電力を生じるので良くないとされる。但し、アジの開きのようにGNDを中心にレイアウトして基板を1つにすればループは生じない。

GNDループを断ち切るために、例えば+B1のGNDを切り離すとする。すると+B1はリプル電流の流れる電源トランスの0V点を経由して信号電流が流れることになってしまい、残留ノイズが増えると予想される。あっ、初段回路自体は差動アンプ構成なので大丈夫かも。

+B1基板はブートストラップをかけるなら不要なので問題は回避される。極力グランドループの輪が小さくなるようにレイアウトしているが、ブートストラップでなくノーマルに初段用+B1電源を使うなら、GNDを切り離すか否か、実際に試して残留ノイズの少ないほうを選択するしかないと思う。


これで穴あけ位置が決まったので穴あけに入ることにしよう。電源トランスの角穴が大変だあ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ARITO
2011年09月26日 08:20
無責任な意見をひとつ。

おんにょさんのレイアウトはC結のクロストークが気になる場合には、基板の位置を動かさなければな改善できないことが、以前にもあったように思います。

わたしなら電源回路(トランスを含む)を真ん中にして、アンプ回路は左右に振ります。こうすればクロストーク的にはベストの位置になりますよ!
2011年09月26日 09:08
 ステレオアンプの場合LRのアースループは基本的に回避できないのですが、この場合は電流の少ないB1電源基板アースかトランス0VをシャーアースにしてB1基板のアースを電圧増幅段系の(入力を含む)アースとし、B電源アースはトランス0Vへの配線とC電源、出力段のみにして図のようB1電源との間はカットする方が良さそうに思います。まあ最後はカットアンドトライになりますが。
おんにょ
2011年09月26日 18:03
ARITOさんこんにちは。
クロストークは実使用上問題ない程度なら生じていても良いと思っています。例えばSV-17Kなど、初段に12AX7を左右に使ったパワーアンプが堂々と売られているのは、クロストークを気にしていないんです。数値は良ければ良い程優れているのではなく、人間の耳との対話にあるわけです。
おんにょ
2011年09月26日 18:03
ケンさんこんにちは。
情熱本などで勉強するとパワーアンプは1点アースしかない、と思われがちですが、過去に電源トランスと初段で2点アースしたアンプが沢山作られてきたわけで、理論にはない経験則があるように思います。常識にとらわれず、まず試してみることが大切ですね。
ARITO
2011年09月26日 19:19
ふむふむ、確かに聴いても分からなければ意味はありません。求めるよりも過剰な性能は不要です。

それも知らぬが仏ということですね。
joy2005
2011年10月11日 10:14
アンプ回路から見た電源供給元としては、+B電源および+B1電源のリップルフィルタの最終段のコンデンサだと思うので、それを基準(GND)として配線すれば良いのではないかと思います。
自分が製作するアンプも電源はたくさんありますが、電源の最終段のコンデンサを基準にしています。
ですが、試してみるのが一番確実ですね。^^;
おんにょ
2011年10月11日 18:20
joy2005さんこんにちは。
リプルフィルタ最終段のコンデンサをGNDに落としたい、フィルタ初段コンデンサのリプルの戻りをトランス中点へ最短で戻したい。+Bと+B1でそれをやるとGNDループができてしまいます。現状ループができた状態ですが、NFB無しで1mV程度の残留雑音で収まっていますので、まあこれで問題ないかと思っています。

この記事へのトラックバック