ミニワッター・71Aシングルアンプ・NATIONAL UNIONの71A

台風が通過した後はしばらく涼しい日が続いていたが、元通りの暑い(熱い?)日々に戻ってしまった。到底アンプいじりなんぞやる気もなく、エアコンの効いた部屋でだらだらとパソコンに向かっている。


画像

こんな時は将来作るかもしれないアンプの軍資金を貯めておくに限る。とはいえ、ついついヤフオクで落札してしまったのがこの71Aだ。中古のNATIONAL UNIONのもの。

手持ちに偽RCA?の71Aが4本あるのだが、1本だけμが低くて残留ノイズが多めのタマがあって予備のが欲しかったんだ。

それらのタマを購入するときに、お店の人からNATIONAL UNIONではないか?と言われた。それを承知で購入した。

だから、本物のNATIONAL UNIONのタマを入手して比べてみようと思った。


画像

反対側から電極の様子を比べてみる。左が偽RCA?で右がNATIONAL UNION。確かに見分けがつかないほどそっくりだ。


画像

次は上部のマイカ。やはり形状は同じと言って良いだろう。


画像

袴を比べてみる。袴の下に書かれている文字も同じ。偽RCA?のピンのハンダも古いから、袴だけを挿げ替えたわけでもなさそうだ。

少なくともバルブ内部は一緒。違うのは袴のシルク印刷だけ。私にはRCAとNATIONAL UNIONが製造当時、どういう関係があったのかはわからない。

例えば、袴の印刷を消してRCAの印刷に変えてしまったとする。当時、メーカーで値段の差があったとは考えにくいし、第一そんなに高価格なタマではなかっただろう。わざわざそんなことをしてもメリットがあるとは到底思えない。

というわけで、元々製造メーカーに大して興味があるわけではない私としてはよくわからないし、どーでもいいという結論になってしまった。

皆さんはどうお考えだろうか?

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

松本@町田
2011年08月17日 17:30
真空管を作っていたころのメーカー名はあてになりませんよ。電極の形や構造が同じなら、同じメーカーで作ったこと以外はあてになりません。有名な話ですが、松下の作った真空管がPhilipsの名前で売られていた(これはOEM)し、東芝の真空管がMade in USAで売られていた(その当時は原産国表示を規制する法律なし)りと滅茶苦茶です。メーカー名や製造国は気にしないのが一番。それより、内部構造やゲッターの位置や量を吟味して選ぶことの方がよっぽど大事ですね。
おんにょ
2011年08月17日 17:55
松本@町田さんこんにちは。
RCAは総合商社だってことですから、National Unionのを仕入れてRCAの71Aとして売ったのかなと思ったわけです。でもそれはどうでも良くて、真空管の規格表に沿ったものであれば私としてはOKです。ただ、ダイヤマークのないTelefunkenのECC83はどうなの?(持ってます)とかで薀蓄を語る人がいる位ですからブログの記事にしてみた、というわけです。
2011年08月20日 17:56
左右が違っても全く苦になりませんねw。っていうかソレの方が何となく遊び心があっていいかも(^^
おんにょ
2011年08月20日 18:18
日本人は左右見た目が同じでなければならぬ症候群があるようです。私もその傾向があるかなあ?

この記事へのトラックバック