ミニワッター・71Aシングルアンプ・電源トランスが…

梅雨明けして毎日暑い日が続いている。部屋の中はエアコンが効いているが、窓その他からの輻射熱があってやっぱり暑い。

いっそのこと涼しくなる10月まで真空管オーディオは夏休み!のほうがいいかなあ。その後再開しなければオーディオにかけるお金も必要ないし…

さて、タイトルにあるように、電源トランスが…なのである。いつも順調とは限らない。今回は失敗談だ。

手持ちの電源トランスは東栄のZT-03ESのはず、であった。ところが確認してみるとZT-03S。何と220Vまでしかない。240Vのはずが220V。うーむ、困った。

220Vで再設計せねばなるまい。71Aの動作点は同じにしてつじつまを合わせよう。


画像

で、むりやり220Vで設計変更した。変わったのは電源トランスとR4だけ。71Aのグリッドが45Vと、大分低くなってしまった。これならカスコードでなくても大丈夫ではないかしらん?

こんなのでちゃんと動くのだろうか。もしやっぱり+B電圧が不足だったら、スイッチング電源24V0.5Aのでかさ上げでもしようかな?抵抗R4が直並列のヘンなのになっているのは、部品購入後にミスが発覚したからだ。


はなしは逸れるが、平ラグって英語で何というんだろうね?ちなみに立ラグは"terminal strip"というらしいが、この中に平ラグも含まれるのだろうか。そもそも日本で売ってる平ラグって、日本独自のもの?海外では同一形状のものが見つからないし…

暑くてハンダゴテを握るのがはばかられる。パソコン相手にこんなのを作ってみた。果たしてこのとおりに作れるのだろうか?


画像

これは電源部。カスコードTr用のベース電圧+6.2Vも一緒に入っている。


画像

これはアンプ部。NFB抵抗R5の場所もしっかり確保。
なお、71Aカソードについている抵抗R4とコンデンサC3は、立ラグでソケット付近に配置するつもり。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2011年07月22日 16:17
ご無沙汰です(^^ ボクも71Aどうにかしないとなぁと常々心に引っ掛かりをもってました・・。以前、おんにょさんに送って頂いた回路図も時間が経って眺めているうち、トランスでドライブっていうのもいいなぁなんて思っちゃったから貧乏人にはキツイ(~~; アンプ、完成を楽しみにしておりますよ!
おんにょ
2011年07月22日 17:35
クッキーさんこんにちは。
古典管のアンプにお金をかけるのもどうもなあ、ということで今回の実験アンプです。スイッチングレギュレータでフィラメント点火、半導体ドライブ・・・71Aにとって相応しいかどうか?

この記事へのトラックバック