ミニワッター・71Aシングルアンプ・NFB有りの諸特性

NFBは基本的に不要、かけても少量で、という主張のWebページをちらっと見てみたけれど、Webページのどこにも特性図は載ってなかった。測定しないで聴感だけでNFBを論じているという感想を持った。

私がNFBをかけるのは主に残留ノイズの低減やダンピングファクターの向上、使いやすいゲインに整える、などで、音色のチューニングではない。NFB量で音色が変わるというのは経験したことがない。私が駄耳なせい?

閑話休題。71AシングルアンプにNFBをかけてみた。どのくらいかけたら良いかわからなかったが、NFB抵抗の代わりにポテンショメーターを入れて、利得が6倍になるようにした。6倍の根拠は無い。

諸特性を測定したので、結果を以下に示す。オーディオは測定器の奴隷ではない、と誰が言ったか、それでも健康診断の結果くらいは把握しておきたいね(意味不明)。


画像

まずはじめに諸特性。周波数特性はNFB無しに比べ高域が2倍以上伸びた。出力は歪率5%で0.45W。いかにもミニワッターだね。NFB量は7.4~7.5dB。左右不揃いなのは、無帰還時の利得が左右で異なっているため。

DFは6以上になった。これなら十分だろう。残留ノイズは0.3mVを切った。スピーカーに耳を近づけてもノイズは聞こえない。


画像

周波数特性。高域は伸びたが低域の伸びはそれほどでもない。直結アンプだと低域寄りになるという感触があるけれど、もっと低域側に寄っていても良い感じ。

じつは70KHzあたりの小ピークが-6dB程度になるようにNFB量を調節した。これで安全かというと、たぶん位相特性を見ないとわからないだろう。そこらへんのスキルがないから判断できないわけ。


画像

gifアニメーションでNFB量による周波数特性の違いを示してみた。低域はそれほどでもないが、高域の特性改善がよくわかる。


画像

左chの歪率特性。カーブが曲線なのは、主に2次歪みの打ち消しが起きているからだろう。100Hzの歪率カーブはNFBをかけたら下がったから、NFBが有効に働いていると思われる。歪率5%時の出力は0.45W。10%でも0.5W。出力はもう少しあったほうが良さげだが、静かに鳴らすのなら全く問題ない。


画像

ついでに右chの歪率特性。こちらのほうが左chよりわずかに低歪みだ。


画像

左chの歪率特性をgifアニメーションでNFB量の違いを示してみた。NFB量でカーブがどのように変化するかがわかるね。


画像

クロストーク特性。残留ノイズが減って0.125W出力でも-70dBあたりをキープしている。15Hzと40KHzあたりに盛り上がりが見えているが、それでも-63dB程度に収まっている。


さて、この実験機から本番機を作るかどうかだが、71Aが持つ音色のイメージが固まってから考えようと思う。もっと低域が伸びていて欲しい、もう少し出力が欲しい、となるとパラシングルになる可能性が高い。入力容量が倍になるからカソードフォロアの低インピーダンスドライブで、初段も球で、となると大幅な回路変更になる。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

nobu
2011年08月03日 22:56
測定しないで聴感だけでNFBを論じるのは、確かに??ですね。
最低限、周波数特性と歪率特性くらいは提示しないと、
説得力無いですね。
そのご本人が駄耳っていうこともありますから。

周波数特性と歪率特性が充分良いなら、NFBは無いにこした事はないですが。

おんにょ
2011年08月03日 23:21
あまりNFBのことについて書くと「NFBは悪である」という人を全て敵に回すことになってしまうので追求しないでおきます。ただ、NFBをかけていなくても良い音のするアンプが実在することはわかっています。

この記事へのトラックバック