6P1Pシングルアンプ・トランスカバーの高さを揃える

画像

とある掲示板でトランスカバーの高さが違っていることを指摘されてしまった。真横から見れば確かにそうなのだが、気にしていなかった。だが指摘されるとやはり気になるもので、できる限り高さを揃えてみよう。

高いほうを低くするのは困難なので、左側の低いほうにゲタを履かせて高くすることにする。


画像

材料はコレを使う↑


画像

紙を木工用ボンドで二重に貼り合わせ、トランスカバーと接着。


画像

乾いたらトランスカバーの縁に沿ってカッターで切り取る。この後、紙に瞬間接着剤を染み込ませた。再び乾いたらヤスリで均す。


画像

外側だけ塗装する。ハンマートーンスプレーを紙の上に少量出し、つまようじで紙のところだけ塗った。塗装が乾いたらペーパーで平らにし、コンパウンドをかける。

再度全体をスプレーしてもよいが厚化粧になってしまうし、下地を剥がすと部屋がシンナー臭くなるのでやめにした。


画像

ゲタを履かせたトランスカバー(左)をはめ込んで記念撮影。気にならない程度になったと思うがどうかなあ?

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

nobu
2011年06月25日 10:53
なるほど、
言われてみれば、微妙に高さが違う。
見る人が見ると解るのですね。
こういうことの積み重ねが、
高みに迫る修行なのですね。
おんにょ
2011年06月25日 17:01
nobuさんこんにちは。
ネジが外に飛び出さないとか、そういう所には気を配っているんですけどね。
シャーシ横をパテ埋めするなど、本当はやったほうが良いところはあります。
とんとん
2011年06月27日 09:12
ご無沙汰です。まぁなんと細かな指摘!。確かに気にすれば気になるけど。私は高さよりPTのコア部の色と、のっけてるだけってのが気になりますけど(他に転用するのであれば納得ですが)。人様の目は、それぞれ。本人納得、自己満足のところでよろしいのでは。
それにしても精力的に頑張ってられますね、ほんまにうらやましいです。
おんにょ
2011年06月27日 17:13
とんとんさんこんにちは。業務用通信機の完成おめでとうございます。
じつはコアが素の黒というのはブロック電解コンデンサを色あわせしてあるんです。上下カバーのみハンマートーン、というのはTANGOのPH-185がそうでした。今はGS-2819という後継機種が出ていて全てハンマートーンです。
トランスカバーが固定していないのは良いアイデアが無かったからなのです。自分で使用するのでわかった上のことなのですが、他人に渡るとしたら絶対固定します。裏蓋も付けます。
言い訳ですね~、やっぱりSANSUIやTANGOのトランスを使って作りたい。高級トランス使うなら、アンプを作る頻度を減らして台数を絞らないと無理ですね。
とんとん
2011年06月28日 06:43
おはようございます。私のよくやる方法です。ホームセンターっぽい処で、10mm程のアルミの角棒を入手。15mm程の長さにカットしてタップを二カ所、直角に。一方をケースに固定、残りはシャシへの固定用に。シールドBOX等の作成にもこの角棒でつくったタップブロック(勝手に命名)は重宝します。裏蓋はシャシ底の折曲がったベロ(リブとは言わないかな?)の内側に厚手のL型チャンネル(アルミサッシ用のパーツ)にタップを切ってシャシに固定、それに裏板をネジ止め(L型を使う事で、シャシ強度が増します。平板は??です)。そんなのわかってらいって云われそうですが、ちょっとお節介を。
おんにょ
2011年06月28日 17:28
とんとんさんありがとうございます。タップブロック、いずれどこかで採用させて頂きます。裏蓋は単に空気穴を沢山開けるのが面倒で付けてないんです。L型チャンネルは補強に良いですね。
雌ネジ用のタップは持っておりませんで、タップネジで済まそうかと。今度機会があったらタップをホームセンターで見てみます。

この記事へのトラックバック