甦ったEL32差動ppアンプ

画像


またまた久しぶりに引っ張り出してきたEL32差動ppアンプ。自分のスキルが向上したらきっと何か良い解決法が見つかるだろうと解体せずにそのままになっている。

このアンプは特性的には優等生なのだが、いつも沈着冷静でポーカーフェイス、もっと楽しめよ~と励ましてみても結局のところ本質的にはとうとう変わらなかった。

そこで、前から気になっていた出力管のIpを増やしてみた。具体的にはカソードに入っている定電流回路の抵抗を160Ωから108Ωに減らして1本の管あたり19mAから29mAとした。+Bは20V以上低下したが、定電圧回路でないから仕方ない。

試聴結果はどうなったか。やっぱり変わらなかった。妻にも聴いてもらったが「普通の音」という感想だった。「喫茶店とかで静かに鳴らすのならいいけど。」

このつまらない音の原因は何なのか。仮説を立ててみた。

(1) 出力管(EL32)はプッシュプルと相性が良くない。
(2) 出力トランス(TANGO FE-25-8)が高級すぎて、私の駄耳と合わない(笑)。
(3) 差動回路(特に出力段)が私の聴くジャンルの音楽(ラテン音楽)と合わない。

まあ、思いつくことを挙げてみてももぐら叩きと一緒で外れまくり、ということがあるだろう。

(1)は他の管で試してみる方法がある。(2)は大掛かりになる。

結構ていねいに作ったつもりで愛着もあるし、何とかならないものだろうか・・・


そうだ、(3)の出力段の差動をやめて、通常のDEPPにしたらどうかなあ?

具体的には出力段のカソードをコンデンサでアースすると、DEPPに変身する。

とりあえず手持ちの1000μF63Vのコンデンサを入れてみた。(回路図を下に示す。丸印が変更した個所。)

画像


試聴してみておやっと思った。あれれ、なのだ。

ボーカルが際立って良く聞こえるのである。全体の冷ややかな感じが後退し、声がツヤを伴って良く聞き取れるのである。このアンプで聴くラテン音楽がまるで生き返ったようだ。


これは!


もしかして化けた?


何しろ私は駄耳であるから、妻には何も知らせないで聴いてもらった。結果は自分と同じだった。「全然ちがう。


差動を止めたらこんなに良くなるの???


2日ほど聴き込んでみたが、印象は変わらなかった。聴くのが楽しくて仕方ない。

こんなことを書くと、全日本差動アンプ連盟(そんなのあるのか笑)から石が飛んでくるに違いない。何しろ出力段の信号ループに電解コンデンサが2個も通っているし、出力トランスで波形の合成が行われているのである。

でも本当なんだから仕方ない。

きっと差動アンプの持つ静けさ、定位感の良さは後退しているに違いない。でも、それらを失うよりはるかにアンプが「唄って」いるのだ。



とにかくこのアンプを生かす方法が見つかって良かった。

このアンプは、EL32が元々5極管なのを3結にした差動回路だし、コンデンサを入れた後はカソードに定電流回路が入っているDEPPだから純粋なDEPPとは言えないと思う。

本来ならば、コンデンサを外してみて元の音に戻るかどうかの検証をしなければならない。でも、これだけ良い方向に変わってしまうと戻したくないのがホンネなのだ。

きっとこれを読んだ方はウソだろう、と思うに違いない。だから、眉にツバをつけながら読んでね(笑)。それでももし、ご自身の作られた差動アンプがいまいちだな、と感じたら、こんな方法もあるのだと思い出してほしい。

コンデンサ2個でできるし簡単だから。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2011年03月02日 08:08
 いや、良かったですね。オーディオは聞いて何ぼの世界ですから、特性云々よりまず聞いて楽しめなければ意味がありません。
 自作はその点色々いじれるのがメリットですから、そこが面白い所でしょう。
おんにょ
2011年03月02日 18:33
ケンさんこんにちは。
出力段の差動を止めるということはアンプのコンセプトの否定になりますから、今までやらないでいたわけです。DEPPならAB級も可能なので、とりあえず出力の定電流回路を抵抗に置き換えてみるなんてこともできそうです。何はともわれ、音質向上の糸口がつかめて良かったです。
もみじ饅頭@広島
2011年03月02日 19:28
もみじ饅頭です、今晩は。
おんにょさんは幸せ者ですね。私は昨年63歳で退職して、まだ自分の時間が取れません。真空管でジックリ遊びたい、特に差動アンプを作ってみたいのです。今年4月頃からは、秋葉の三土会に参加したく計画しています、その節は宜しくお願いします。
Masa
2011年03月02日 21:37
はじめまして、内田@群馬です。
私も音が良いと言われる差動PPを
DEPPに変更して好みの音が出てしまい困った経験が何度かあるのでおんにょさんの記事を見て思わず書き込みしてしまいました。

私の場合は差動PPで良い音のアンプを作るにはまだまだスキルが足らない模様なのでもっと経験を積んでから差動PPに再挑戦したいと思っています。
おんにょ
2011年03月02日 22:42
もみじ饅頭@広島さん、こんにちは。
そうですね、自分勝手と言われない程度に遊んでいます。三土会は参加させて頂いている立場です。楽しくできればいいな、と思います。
おんにょ
2011年03月02日 22:42
Masaさん、こちらでははじめまして。
三土会ではお世話になっております。差動PPは誰でもある程度の性能は出せますが、万能選手かというとそうではなく、人によって好みがあるように思います。自分の好みの音色を出すのは至難の業ですね。
TK
2011年03月03日 08:34
こんにちは おんにょさん TKです。
ココを見て騒ぎ立てる人が、いない事を願います笑。

去年の後半にやっと普通の差動アンプを聞いてみました。単段構成のアンプとの違いを感じていました。

僕は、ちなみに(2)です(高いトランスが、買えないから僻みでOTLに行きました笑)。

またなんのバイアスも掛かっていない奥さんの意見:しがらみの無い意見は、とても重要ですね。視聴会で一般の方からの感想もとても参考になります。


まだ懲りずにダメ球集めもしておりますぞ。今、メタル管に気持ちが、行っています。では
おんにょ
2011年03月03日 20:23
TKさんこんにちは。お久しぶりです。
私はまだOTLには手を出さないつもりです。でも、一応24VのSW電源を3個買ってあるんです。12G-B7とか25E5は実家で眠っています・・・低電圧ならトッププレートでも大丈夫そう(笑)
メタル管はおしなべて廉価ですから音の良いタマに出会える確率大だと思います。
ひでじ
2011年03月06日 21:00
こんばんは!
私の場合、PCL86全段差動を製作し、低音がどおしても出ないので、電源の電解コンデンサーを100μFを2個にして少し改善しましたがまだまだです。OPTも疑われるのですが、DEPP回路。確かにコンセプトの否定に成ってしまいますが一度チャレンジしてみようかなと思います。参考になります
おんにょ
2011年03月06日 22:27
ひでじさんこんばんは。
コンデンサ追加によるDEPP化というのは、DEPPの動作からいうと最適化されていないんです。でも音質と理屈は一致しないところがあって、一概に理論的に良いから良い音である、と言えないのが面白いです。

この記事へのトラックバック