ミニワッターCIRCLOTRONアンプ・NFBをかける

とりあえず、ということで6dB程度のNFBをかけることにし、手持ちの抵抗から2.2KΩを使用して6.4dBのNFBをかけてみた。オシロで10KHzの矩形波を見てリンギングの様子から補正コンデンサは不要と判断した。

画像


最初に諸特性から。周波数特性は高域が伸びて-3dBで260KHzにもなった。まるで半導体アンプだ。出力は歪率が改善されたため1.7Wまで増え、設計通りの値になった。利得は12.7倍と、使いやすい手頃な値。DFは16.7まで増えた。真空管アンプらしからぬ値だ。残留ノイズは0.22mVまで減少した。

画像


周波数特性。高域の改善は確かだが、低域はOPTが飽和しているのだろう、NFBをかけても伸びない。小さいOPTでよく頑張っている。

画像


歪率特性。全体に低歪みになった。極小出力での歪みが改善されていないので、これ以上NFB量を増やしても無理のように思う。0.001W(1mW)でも歪率が良いのは残留ノイズが少ないため。最大出力は5%歪みで1.7Wになった。

画像


クロストーク特性。残留ノイズが減ったので全体的に改善されているが、1KHzあたりから高域にかけて特性が悪化しているのは原因不明。L→Rで全帯域で改善が見られるのは、左右のカップリングコンデンサを物理的に遠ざけたため。


現時点での問題点は電源ONから真空管が動作状態に入るまでのジーノイズと、高域のクロストーク悪化の2点となった。

電源トランスから+B1、+B2への整流回路へ行く配線を撚ってみたら何か変わるかなあ? それに、OPTの1次配線の取り回しが何かしら影響しているように思えるのだが。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とんとん
2011年02月09日 08:46
おはようございます。何時も楽しく閲覧させていただいていますが、今回も楽しませていただけそうな気配!。試作機のシャシ裏は、あれこれ配線がとぐろを巻いていますのでそれらに起因している可能性はありますね。とぐろを巻いているPT二次側の上を入力線、PTの上をOPTの二次側が通っているし・・・・!。いっそのこと、入力、出力ともPTと反対側(前面)に移動してPTから離して切り分けされるのも良いかもですね。
まだ、目が覚めてませんので、ピント外れのコメントでごめんなさいです。1626パラシングルのリニューアルが終わりました。
ARITO
2011年02月09日 12:00
高域にかけてクロストークが悪くなっていく現象は、コンデンサ結合に
よるものですから、何ら不思議はありません。絶対量が多い場合は
両チャンネルの物理的な位置(球やラグ板、配線等)を遠ざけること、
出来れば2連ボリュームを使わない等で改善できると思います。
 
電源投入直後のジーというノイズは、OPTがPTの漏洩磁束を
受けているためだと思います。出力管が能動状態になり、
回路インピーダンスが低くなると気にならなくなるのであれば
問題では無いと割り切るのもアリかも。
おんにょ
2011年02月09日 17:11
とんとんさん、ARITOさんコメントありがとうございます。

電源トランス2次側の150V配線4組を夫々撚ってみましたが、電源ON直後のジーノイズには無関係でした。
OPT2次配線を束ねて電源トランスから遠ざけてみましたが変わりません。OPTの電源トランスからの誘導は、ブリキ缶を被せてみたのですが変わりませんでした。ちなみに電源ON直後の残留ノイズはLchで0.87mVです。

クロストークはALPSのミニデテントボリューム(2連)ではこんなに悪化しません。シロです。本番機では左右のアンプ部平ラグ基板を離す予定ですので、容量結合は減るはずです。

クロストーク測定中に、被測定側6N6Pのグリッド同士をショートさせてもクロストークレベルは殆ど減りませんので、出力段で容量結合している可能性大です。

まだアイディアが出てくると思いますので、もう少しあがいてみます。

この記事へのトラックバック