ミニワッターCIRCLOTRONアンプ・実験機の進捗

ミニワッターCIRCLOTRONアンプの進捗。

画像


ようやくFET、CRD、Trの選別が終わった。FETはIdssで選別しているが、本当はバイアスをかけて実機選別したほうがペアが揃うだろう。でも実験機を組むのにそこまでしなくても良いと思うし、壊しちゃう可能性もあるから厳密なことはやっていない。

FETは温度変化に敏感なので、指でつままずにピンセットを使った。それでも自己発熱で電流値が変化していってしまう。

画像

続いて電源基板の作成。これは+B3と-C用。


画像

これは+B1と+B2用。左右で2回路必要だから4回路分が並んでいる。


画像

これはアンプ部の基板。出力管まわりの抵抗・コンデンサは別に実装する。
変更でぐちゃぐちゃになるかもしれないので、その前に記念撮影。これは左チャンネル用で右チャンネル用はまだ作ってない。


画像


画像

ということで、実験シャーシに基板やらトランスその他を組んでみた。平ラグだけで結構なスペースを取ってしまう。本番機で小さく組むのは苦労しそうだ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック