6AU6再生式ラジオ・検波管を差し替える

再生検波ラジオもミニワッターCIRCLOTRONも部品は購入済みなのだが、シャーシ加工で止まっている。何しろ寒いのでやる気が出ないのだ。

今度赤外線カーボンヒーターという強力な助っ人が加わったので、作業環境は多少改善されるだろうと思う。これは焼付塗装にも使えるかな、と考えている。

ここ数日、検波回路について検討してみた。

画像


プレート検波回路にはシャープカットオフの特性を持った5極管が適しているのは、グリッドバイアス電圧をカットオフ点に持って行き、波形の半分を効率的にカットさせることで検波が行えるからだ。

でも実際はリモートカットオフの5極管でも実使用上、問題なく検波が行われる。そこで、6AU6と差し替えられることを条件に、ヒーター電圧6.3V、ヒーター電流0.3A、7ピンMT管の条件でいろんな5極管をWebで検索してみた。実に沢山出てきてとめどない。

2ピンと7ピンでカソードと第3グリッドが入れ替わる7BKと7CMのピン接続の違いがあるが、第3グリッドをカソードにつなぎコンデンサでアースすれば同様に使える。

画像


リモートカットオフ、セミリモートカットオフ、シャープカットオフはカットオフ点がそれぞれ異なるが、適当に選んだそれぞれの特性を持つ5極管をグラフに示してみた。

6BA6はリモートカットオフに分類されているが、幾分シャープカットオフ寄りの特性だ。

画像


また秋葉原に出かけて真空管を仕入れてきた。6BA6W、6DE6、6DC6の3本。ステレオじゃないから半分の値段で手に入るので嬉しい。これに手持ちの6BD6、6AU6の計5本で検波管を差し替えて性能や音質を比較しようという、しょうもない企画(笑)。

画像

左から順に、NEC 6BD6、東芝 6AU6、General Electric 6BA6W/5749、General Electric 6DE6、SYLVANIA 6DC6

試聴結果は以下のとおりとなった。

画像


再生のかかりかたや音質を総合すると、拙作再生検波ラジオの場合6BA6Wの得点が高い。これらは気軽に差し替えて遊べるので、気分によって変えるのが良いかもしれないね。

ニッポン放送の電波が強すぎて歪むのに対応するには、アンテナのAL/AS切り替えが良いかもしれない。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

もみじ饅頭@広島
2011年01月16日 19:59
今晩は。

拙い経験ですが、プレート検波で感度不足ならば理解できますが、それでもなお、音声信号に歪があることは理解に苦しみます。

 いっそのこと、負帰還検波にトライしては如何でしょうか
。また、大昔に流行した、インフィニティブ(無限)検波と
いう方法もありますが。これは、私も未だ実行していませんが、効果はあるようです。
おんにょ
2011年01月16日 20:56
もみじ饅頭@広島さんこんにちは。
負帰還検波、インフィニティ検波ともに初めて聞きました。どうもありがとうございます。
これは再生をやめ、高周波増幅の追加が必要となるなど設計変更が大きすぎます。
プレート検波でもIp-Egグラフを見るかぎりは曲線となっていますし、また拙作ではプレート電圧が低いので歪みが発生しやすいのかもしれません。
また、ニッポン放送が歪むのは検波回路への入力が大きすぎるためと考えています。対策としてAL/ASのアンテナ切り替えSWを本番機では組み込みます。

この記事へのトラックバック