ミニワッターCIRCLOTRONアンプ・詳細回路設計

ARITOさんからスペシャル電源トランスと出力トランスが届いた。
どうもありがとうございます。
そこで、ミニワッターCIRCLOTRONアンプの詳細回路設計をしてみた。

画像


動作は相変わらず理解していないけれど、出力段がカソードフォロアのプッシュプルアンプに見えて仕方がない。もしそうだとすると出力段6N6Pの利得は1倍未満だろうプレートフォロアでもあるので利得は2倍未満

例えば1Wの出力を得るために、6N6Pが必要なドライブ電圧はどれくらい必要なのか?

出力トランスのインピーダンス比は4KΩ:8Ω。変圧比は22.4:1となる。
1Wで8Ωは2.83V。トランスの損失を10%程度と仮定するとドライブ電圧は、
2.83*22.4/0.9=70.4V 2.83*22.4/0.9/2=35.2V
プッシュプルなんだから半分でよい?
70.4/2=35.2V 35.2/2=17.6V
つまりプッシュプルの片側で35.2V 17.6V以上のドライブができればよい。
初段カスコードは入力1Vで35.2倍 17.6倍の利得があればよい?本当かな??(差動の片側分) これでは総合利得が低すぎるので初段は90倍以上必要(NFB 3dBで総合利得5倍を想定)

カスコードのFETとTrは手持ちのを使うがTrベースのバイアスは10Vでよいかわからない。まじめに設計してないから(笑)。最初は006Pの乾電池2個とVRを使って試してみよう。

予想される問題点。

① 初段カスコード回路の発振
発振したら積分補正を入れて対策?

② 6N6Pのヒーターハム
カソードフォロアはカソードが高インピーダンスとなるためヒーターハムをひきやすい。6N6Pをはじめとするロシア球はスパイラルヒーターなどのハム低減策が施されていないようだ。カソードが信号で振れるし、ヒーターバイアスはフローティングにしなければならないなど困難を伴う。最悪、SW電源で直流点火するなどの対策が必要。(現在はヒーターをGND接地。)

③ 電源ON/OFF時のポップノイズ
初段が半導体で構成され、+B・-Cの立ち上がりや立ち下がり時のシーケンスで発振する場合もある。

④ 残留ノイズ大
+Bの残留リプルがどれくらいなら残留ノイズが何mV程度になるのか。特にミニワッターなのと、低利得が予想されるため、残留ノイズは低レベルでないと厳しい。-Cの残留リプルも影響するかもしれない。-Cの残留リプルを減らすと、今度は③の影響が・・・3端子レギュレータ使うか?

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

ARITO
2010年12月31日 15:54
今回のCSPPは出力トランスの中点をグランドに落としてますので
電源を交流的にショートとして考えると、プレートとカソードの
両方から同じ振幅を取り出していることがお分かり頂けると思います。
従いまして出力段の利得は、PK分割回路のようにカソードフォロアの時の
利得の2倍とれます。したがって2倍弱ということになります。
おんにょ
2010年12月31日 16:58
ARITOさんコメントどうもありがとうございます。うまく書けませんが、プレート側でも利得があるという感じですね。
そうなると6N6Pのドライブ電圧よりも初段カスコードの利得が気になります。いまちょっと計算してみたら、3dBのNFBで総合利得を5倍と仮定して、初段の利得は90倍必要、と出ました。
2011年01月01日 17:24
 私もARITOさんのトランスでCIRCLOTRONを作りましたが、良い音ですよ。素直な特性なのであまり発振は心配しなくても良さそうです。
おんにょ
2011年01月01日 19:10
ケンさんコメントありがとうございます。
果たしてその「良い音」が自分で気に入るかどうか、そのへんが難しいのです。
ひでじ
2011年01月03日 11:58
ご挨拶だけでもと、遅くなりましたが
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
回路図見ただけだと自分も全然わかりません。
どのような展開になるか
楽しみです
おんにょ
2011年01月03日 19:35
ひでじさんこんにちは。
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
改めて回路図を見てみると、半導体の個数は20個に対し真空管はたったの2本!たまたま真空管が使われている半導体アンプ、と言えそうです。

この記事へのトラックバック