12B4A全段SRPPアンプ・配線完了

やっとここまでできた。ボリューム~初段管グリッドへのシールド線を除き、配線が完了した。マッチングトランスは取り付けて配線済み。まだ忘れている配線があるかもしれない。

画像


+B基板を取り付けての電圧試験も完了。これでAC1次、ヒーター、ヒーターバイアス、+B等の電源系がOKになったことになる。

こうしてみると、標準シャーシを使うと、差動アンプを作った場合の配線と似てきてしまう。それでも差動アンプよりは確実に配線が少ないはずだ。

立ラグで使わない端子がいくつか存在するが、将来の拡張性を考えて残してある、のではなくて、単に端子数の少ない立ラグに交換するのが面倒だから。

後は抵抗やコンデンサ類の部品を取り付けて、シールド線を2本配線するだけ。そうすれば待望の音出しができる。


普通、こういった工程は一気にやってしまうものだが、何台かアンプを作っているうちに気持ちが枯れてくるせい?か、のんびりできるようになる。

というか、よくこんな趣味が続くよなあ、と思う。アンプにかけるお金で豪勢な食事や旅行ができるはずだ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とんとん
2010年10月23日 22:17
ご無沙汰です。テンションがどうとか云いながらでも、結構進みましたね。私は穴あけが終わって、大物を乗っけたとたんシャシが歪む!。ある程度予想はしていましたが、テンション↓です。振り出しに戻ってしまったような??そんな今日この頃です。ちなみにカソードチョークドライブの6AR6シングルです。
おんにょ
2010年10月24日 19:46
とんとんさんこんにちは。6AR6シングルの本番機ですね。1.5mmアルミがしなってしまうとは、アンプ本体の重量はかなりのものでしょう。腰にお気をつけ下さい。私の使った標準シャーシは1.6mm厚鋼板なので強靭です。
とんとん
2010年10月27日 11:20
おはようございます。UPが有りませんが進捗は?。シャシも1.6mm厚鋼板だと、少々重いものを乗っけても大丈夫ですね。ぺるけさんの標準シャシは、良い選択肢と思いますが、平滑用にオイルコンを使うのが前提なので、標準シャシだと無理がありますね。変なこだわりを捨てて、シャシ内にチューブラを入れてしまえば良いのですが、そこはそれ年寄りは、意固地なので・・・。昨晩、やっとこさ、補強用のリブを作りました。こんなことなら何時ものように、チャンネルを組み合わせて作ったほうが丈夫で早かったかも?です。今回は、亀さんよりも遅い歩みです。
おんにょ
2010年10月28日 09:02
とんとんさんこんにちは。12B4A全段SRPPアンプはCR部品を取り付け終わったところです。これからチェック~通電の予定です。シャーシにはタカチ(旧鈴蘭堂)のSRDSLシリーズや、ノグチトランスのシャーシ等がありますが、2mm厚のアルミの穴あけをする根性がありませんので(笑)、図面を書いて発注する方法を選ぶと思います。その分割高になりますが。拙作45シングルアンプはその方法でやっております。
アンプ自作は納期がありませんからゆっくりでいいんです。ただ、製作予定のアンプがどんどんたまっていきます(笑)。

この記事へのトラックバック