禁断のスピーカー

毎日酷暑が続いているが、おかげで真空管オーディオは休業状態だ。

真空管アンプが暑いのは、見た目以上に赤外線が放出されて暑く感じるからだろうが、部屋を冷房していてもやっぱり使う気になれない。

パソコン、オーディオインターフェース、FET差動ライン・プリアンプ、デジタルアンプで静かに鳴らすのがクールで良いかもしれない。

さて、先日の三土会で試聴の印象が良かったのでついに禁断のスピーカーに手を出してしまった(笑)。

画像


Vifaという、デンマーク原産だが、Tymphanyというアメリカのメーカーで製造されているユニットだ。
型番はTC9FD-18-08、実に覚えにくい。口径は3.5インチ、9cmスピーカーという小さなフルレンジ、8Ω。

インターネット通販ではここで扱っている。ミクセルでも扱っているが、ちょっと高い。

ちなみに、カタログはこちら。なぜか本家のWebには無い。

価格は税込みで1,995円/1ユニットだから、遊ぶには手ごろな値段だ。

コーン紙がポリコートされており、紙臭い音色ではない。前面にガスケットがついていて、バッフルの後ろに取り付けるタイプのようだ。ガスケットを引っ張ってみたが、接着されているようで外れなかった。

能率は86dBで低いが、最近のユニットはどれもそんな感じ。そのくせパワーは50Wも入る。

フレームはアルミなのか、プラスチックなのかよくわからない。

Webで探してみても使用例が少なく、推奨キャビネット内容積がわからない。

とりあえずこれをダンボールに入れて遊んでみようと思っている。ゆうパック用の一番小さいやつはどうだろうか。

机上のニアフィールドで聴くのに良さそうだ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

ひでじ
2010年07月24日 22:01
おぉ!
夏は、確かに真空管Ampをいじる気がしませんね
でも、昨年は真空管Ampしか無くて、一日中聞いて
居ましたが...
いよいよ、禁断のスピーカーユニットですね!
カットアンドトライで、ぜひ
楽しんでくださいませ。
おんにょ
2010年07月25日 00:49
ひでじさんこんにちは。
暑すぎて何もする気がおきないです。もう少し気温が下がるようになってからやろうかな?
とりあえずダンボールで試してみて、適当なエンクロージャーに入れようかと。プリアンプにはバスブーストがついているので、密閉でやってみます。三土会の試聴では2.2リットルの平たい箱に入っていました。奥行き10cm位だったです。

この記事へのトラックバック