6N6P直結パラシングルアンプ・総集編

画像


ロシア管の6N1P(6Н1П)と6N6P(6Н6П)があるので、これらで小出力のアンプを作ってみたいと思った。6N1Pは後に6922へ変更したが、6N23P(6Н23П)を購入したので最終的にはこっちにするつもりだ。

当初はプッシュプル用のトランスを使ってこぢんまりとしたアンプを作るつもりだったが、最近ぺるけさんのWebでミニワッターを盛んに宣伝している。手持ちに東栄のOPT-5SRがあるので、ミニワッターならぬミリワッターを作ってみよう。

ぺるけさんのミニワッターの回路のキモは、出力段信号ショートループ、初段-出力段直結、FETリプルフィルタ使用だ。私もこの路線を踏襲しよう。但し同じ回路で作るのはつまらない。真空管を4本使って初段SRPP、出力段パラシングルという構成を考えた。

画像


で、回路設計の結果はこうなった。最初リプルフィルタのゲートに入るところは1段のCRフィルタだったが、後に2段へ変更した。直結回路なので、SRPPの+B電圧を決定するR5と出力段のカソード抵抗R8は組み立て後にフィッティングが必要だった。

画像


レイアウト設計は試行錯誤の結果、画像のようになった。電源トランスと出力トランスのコアの軸を合わせると誘導ハムが最小にできる。シャーシを縦長に使ってサイドウッドを両側に配置した。結局ぺるけさんのミニワッターみたいになってしまったが、シャーシを横長に使うとオーソドックスなデザインとなり面白くない。

画像

最終的な諸特性は上記の表のようになった。周波数特性は、低域は伸びているものの、高域の落ちは早い。出力はわずか500mWで、当初目標の1400mWを大きく下回ってしまったが、100Hzの歪率を考えなければ900mWは出ている。

利得は5.1倍(14.2dB)で、6N1P-6N6Pという構成ではかなり低くなるのが予想されたが仕方ない。6922-6N6Pでも同様。残留ノイズは多めだが、スピーカーからはハムは殆ど聞こえない。これは6922のヒーターハムが出ているのだろうと思う(6N1Pでは0.23~0.24mVに収まっていた)。


画像

周波数特性は20Hzあたりに0.3dB~0.4dBの盛り上がりがあるが、かなり低域まで伸びている。高域のレベルの落ちは素直で、300~400KHzの小ピークを無視すれば、特にピーク・ディップは見られない。


画像

歪率特性は直線的に増えるシングルアンプ特有の特性を示している。0.001Wという極小出力でも歪率の上昇が見られないのは、残留ノイズが少ないためだ。10KHzが例外だが、これはパソコンのノイズと思われるが詳細不明。3本の歪率が揃わないのは、初段と出力段で歪みの打ち消しをやっているため。


画像

クロストーク特性は、低域に少々悪化が見られるが、もともと残留ノイズに埋もれていた部分が見えているのだろう。高域は20KHzで-58dBと、まあまあ。高域の悪化は、測定環境による可能性がある。

画像


画像

傷つき防止用に塗装用マスキングテープを貼っていたのだが、それを剥がす時にいっしょにニスまで剥がれてしまった。痛恨の失敗。おまけに後でニススプレーを使って補修を試みたが、液だれしてしまって最悪の状態。これからは木ねじによる固定ではなくて、両面テープにしよう。完成したら貼り付けるだけ。

画像

FUSEの文字がひっくり返っているが、ヒューズを入れる時に逆さまにしてしまったため。写真撮る時に気づけば良かったんだけどね。

画像

シャーシ内部。曇天の日の屋外で撮ると良いようだ。シャーシに露出が合ってしまうので、露出補正している。


妻の試聴結果

透明感があって澄んでいる。音の解像度が良い。霧が晴れたみたい。前のは(6N1P)中高音が出て低音が出ていなかった。

私の試聴結果

リファレンスのEL32パラシングルアンプと比べてみても遜色ない出来だ。6N6Pアンプのほうが、低音の重心が下がったような感じがする。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とんとん
2010年05月11日 23:07
おんにょさん、こんばんは。ウレタンニス云々の件ですが、多分、和信ペインとだったと思いますが、今の季節で、お天気が良いとして自然乾燥の場合だと、完全乾燥に一週間から10日程要します。表面がつるつる感でなく、少しでもぺちょっとした感触の時は、まず駄目です。直塗りやスプレー塗料の上塗りは、木部が塗料を吸い込んでくれませんので木部用プライマーは必須です。オイルステインの上塗りに使うのであれば、ステインの吸い込みの良い木で3~4日後、悪いものであれば10日後くらいにウレタンを塗られた方が良いです。
シャシの傷はどの部分を仰っているのか??ですが、私はシャシの傷防止に、外装とシャシ内は、プライマー、塗色、ウレタンニス、仕上げ(艶消し塗色)をしますが、自然乾燥であれば、部品取り付けが出来る状態になるまで、3~4週間(冬だと大変です)要します。以前、少しだけ触れましたが、乾燥に遠赤外線の焼き付けをしております。これだと1日も有れば終わらせる事が出来ますし、塗膜強度が増します。良くガスコンロ等で乾燥させる方がいらっしゃるようですが、ガスの炎で焦げたり燃えたりしますので危険です。配線中はトランスも含め、シャシの外装は、ウエスで包んでから、プチプチの梱包材で保護しています。依頼品の時は、シャシ内のハンダ箇所の周囲をウエスで囲ったりしますが、自分ものは此処まで神経質にはなりません。
おんにょ
2010年05月14日 11:12
とんとんさんこんにちは。大変詳細なコメントありがとうございます!
私が木部に使用しているのは、ワシンのウレタンニスです。乾燥に時間がかかるのですね。確かにつるつるではなくてしっとりしている時にマスキングテープを貼ったんだと思います。だから、塗料に含まれている溶剤とマスキングテープの粘着材が反応してくっついちゃったのでしょう。木部プライマーは、今度DIY店に行ったときに探してみます。
シャーシのキズは、主にはんだごてが当たる部分についてです。裏側だから気にしない、という方法があります。それで十分かも。
シャーシ塗装の乾燥に、遠赤外線の焼き付けですか。コタツじゃだめなのかな(笑)。これも遠赤外線ヒーターが要りますね。そのへんのノウハウは皆無ですので、少しずつ試してみます。
とんとん
2010年05月16日 23:18
おんにょさん、こんばんは。遠赤外線の焼き付けには、1.6Kwの電気ストーブを使っています。今風の遠赤外線の暖房機はファンがついているものが有りますが、反射板だけの至ってシンプルなものがベストです。塗装は全体を一気にしてしまいますので、位置調整を兼ねてつり下げています。
ちなみに私の手順です。1.部材を500の耐水ペーパで研磨、穴バリやシャシのエッジは特に念入りに角を落とします。2.800番で部材の仕上げと水洗い(洗剤の使用は絶対駄目です)後、シンナー拭き。3.プライマー1回目。4.1000番で研ぎ、プライマー2回目。5.1000番で研ぎ、プライマー3回目。6.塗色1回目。7.1200番で研ぎ、塗色2回目。8.1800番で研ぎ、塗色3回目。9.2000番で研ぎ、塗色4回目。9.文字入れ。10.艶消しのみであれば、クリアー艶消し。ウレタン仕上げで有ればウレタン。10.艶消しであればクリア艶消し。11.最後にワックス仕上げ。
シャシの内外とも同工数の塗色をしますが、完全乾燥していれば、ハンダ球がこびりついても、冷めてから木のヘラでこすれば簡単に取る事が出来ますし、殆ど傷は目立ちません(冷めないうちは絶対触らない事です)。部品取り付け時にドライバーで軽くこするくらいでは、傷らしい傷はつかないです。塗料も沢山使いますし、とても面倒な工数ですが、それなりの事は有るようです。
ちょっと、ぐたぐた書きすぎました。ごめんなさいです。
おんにょ
2010年05月17日 12:35
とんとんさん、またまた詳細なコメントありがとうございます。大変参考になります。
焼き付け塗装に電気ストーブですね。値段もそんなに高くないし、購入を検討します。
洗剤使用の水洗いはダメなんですね。私は油落としのためにやっていました。以前サンポールによる酸洗いも試してみましたが、効果がよくわからないのでやめました。
塗装する毎にペーパーの番数が上がっていくのが特徴でしょうか。私はホコリや出っぱりを2000番で落とすくらいです。それに、私のようなシロートが仕上げをするとかえって汚くなるので、最後の塗装以降はいじりません。
今回初めてプライマーにミッチャクロンを使ってみましたが、それなりの効果はあるようです。ドライバーを誤ってあててしまっても広範囲にはがれることはありませんでした。

この記事へのトラックバック