6N6P直結パラシングルアンプ・特性改善

5月1日の拙ブログで、サイン波形の下側がクリップしていることを書いた。これについて解析を行った。

どうやら出力管のバイアス不足が原因のようだ。それに、もっと高い+Bが欲しい。


画像

6N6Pの実際の動作点からロードラインを引いてみた。パラシングルなので、1管相当の14KΩで引いているのが黒線。バイアスの深いところでの特性が示されていないが、これではロードラインが有効に引けていない。

そこで7KΩのロードラインを引いてみたのが青線だ。こちらのほうがバランスが良い。出力トランスは3.5KΩ:8Ωとなる。DFは7KΩでもNFB無しで2.6あるから、NFB前提なら3.5KΩで行けるだろう。


画像

+Bの電圧が設計値の300Vに対して290Vしかないことについては、FETリプルフィルタでの電圧降下が18Vあることに起因する。電圧降下を減らすためにVR2の抵抗値を減らすとリプルが増える。また、整流ダイオードを経たところに100Ωをダイオード保護のために入れているが、この電圧降下が6.4Vある。この抵抗は取ってしまっても良いだろう。これらのフィッティング及び変更で、+Bは305Vになった。これでOKだ。

あと、出力管のカソード抵抗R8のフィッティングを行って、4KΩから4.56KΩとした。最終的にサイン波形の上下が同時にクリップするようになった。

初段SRPPの+B抵抗R5を増やしてやるとSRPP出力点の電圧が下がるので、出力管のバイアスを増やせる。でもオシロで観測すると2次歪みが増加するので、結局はR5の値は変更しなかった。

回路の値が決まってきたのでNFBをかけることにした。とりあえず6dBとした時のNFB抵抗値は330Ωとなった。手持ちに300Ωの抵抗があったので、現在はそれをつけている。


画像

回路変更後の諸特性をとってみた。周波数特性は高域が50KHz以上に伸び、出力は1.0Wに増加した。DFは3.8程度あるから十分だろう。残留ノイズは0.3mV前後まで減少した。

特性チェックはこれくらいにして、試聴を行った結果を以下に示す。

私の印象
・すっきり、くっきり、さわやか
・低音良く出る、これはDFが低いせいか。(NFB無しでの試聴)
・ケーナの音がくっきり聞こえる。というか、際だって聞こえる。
・残留ノイズは、100Hzの音だと思う。50Hzの音は聞こえない。
・センターの音は、凝縮してセンターに聞こえる。デジアンで経験したものに似ている。
・弱音~強音のリニアリティが良い。

妻の印象
・もっと低音が出たほうが良い。前に作ったアンプ(12B4A全段SRPP)はもっと低音が出ていたでしょ?
・サンポーニャの音のキレが良い。
・このほうが一般受けするんじゃない?
・グライコで中音が上がっているような感じ。
・中音よりちょっと上の音のキレが良い。
・若者向けのアンプだよね。ノリが良い。
・メロディーラインを聴きたいという用途に適している。
・リズムを聴くにはもの足りないかなあ。(妻は打楽器をやるのでそちらを聴いている)
・喜多郎のシルクロードを聴いたらよいかも。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック