お気楽FET差動ライン・プリアンプ・完成

画像


配線は3時間くらいで出来上がってしまった。シールド線は使ってない。左右のアンプ基板をもう少し離したほうが良かったかもしれない。

配線チェック後、早速通電。回路図の電圧値と比較して、極端な差異がないことを確認した。


画像

実測値を赤字で示す。左右のドレイン電圧に差が見られるのは、Idssだけで2SK170を選別しているからで、ある程度は仕方ない。

利得はRchが2.86倍。47KΩの代わりに半固定抵抗を使ったLchは、Rchに利得を合わせた。

バスブーストは、オシロで方形波観測して正常動作を確認。

残留ノイズはミリボルの測定限界以下のためによくわからないが、かなり低いことは確かだ。

ほんの少し試聴した限りにおいては、まっとうな音がしているんじゃないかなあ、ということ。

とりあえずオフ会には間に合ったようだ。

画像

飾りっ気のない外観。手持ち部品活用で、4,400円程度で出来上がったお気楽プリアンプだ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック