お気楽FET差動ライン・プリアンプ・ケースの加工

本日はケースの加工。アルミ1mm厚なのと、電動工具使用なのでわりあい容易だ。片付けも含めて3時間で完了した。

画像


画像


かさぶたのようになっているのは、製作時につくキズを防止しようという魂胆。表面のビニールを剥がさないで残してある。


画像

続いてボリュームのシャフト切り。まず、切り子が入らないようにサランラップでシャフトを残して包み、セロテープで留める。シャフトの先端をプライヤーでつかんで金ノコで切断。

いつも苦労するのが、プライヤーを持つ手が固定できてないので、動いて仕方ないということ。万力があれば良いと思うが買ってない。万力ぐらい買えばよいが、あまり用途が思いつかないからだ。


画像

部品を取り付けたところ。すかすかだけど、配線したらどうなるかなあ。


画像

いつも頭を悩ますのが、ロータリースイッチをどのように繋いだらよいかということ。画像をみるとわかるが、端子に番号が振られている。端子に突起が2つあるのがコモン(No.9,18)。


画像

どのように繋ぐかを示したのが上の表。バスブーストのCR部品はロータリースイッチに直づけする。No.1-No.2、No.1-No.9間にそれぞれCRを並列にして接続する。同様に、No.10-No.11、No.10-No.18間にCRを接続する。

ロータリースイッチの端子のハンダ付けは、スイッチを取り付ける前にCRと配線の接続を済ませておくつもり。


明日からはハンダ付け作業だ。3日間で完成できるかな?

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック