お気楽FET差動ライン・プリアンプ・部品購入とFET選別

秋葉原へ出かけて部品を調達してきた。回ったのは千石電商、奥澤、海神無線、瀬田無線、門田無線の5店。

予想したとおり、ALPSのロータリースイッチ、4回路3接点のものは品切れだった。代わりに4回路5接点、ショーティングのものを購入。バスブーストに5段階の変化をつけてどうすんじゃ? まあ、2接点は遊ばせておくしかないだろう。

買い忘れや買い間違いがあると、再度買い出しに行けるのはOFF会前日となるので気を使う。

画像


ケースは奥澤でYM-180(W180mm,H40mm,D130mm)の大きめのやつを購入。ぎりぎりで作ると後々製作時に面倒なことになるし、後日入力セレクターを追加して、複数の入力に対応することも可能にしておこう。


続いて、FETの選別。Idssを測定して、2ペアを選ぶ。

画像


半導体は温度に敏感なので、極力一定の温度で測定する。本日の室温は26℃。FETに触ると温度上昇してしまうので注意。

画像


2ペア4個ということで、Sample No. 9,10,11,12を選んだ。これなら0.06mAの範囲に収まっているので大丈夫と思う。

今後の予定はケースの加工と平ラグの部品組み立てだ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック