6N6P直結パラシングルアンプ・組み立て完了、だが

ようやくアンプの配線と抵抗・容量の部品取り付けが完了した。


画像

これは、配線が完了した時点のもの。出力トランスのリードが余ってとぐろを巻いている。最終的には余った配線をカットしてすっきりさせたい。


画像

抵抗・容量の部品取り付けが完了した状態。配線を縛ってないのでみっともないが、これからいじることになるのでそのままだ。

配線チェック後に電源オン。+Bの電圧をモニターする。ゆっくり上昇して1分くらいで安定した。300Vの設計に対し、290Vと低い。出力管のカソード電圧もチェックしたが、過剰電流が流れる様子は無い。各部の電圧を測定して、大幅な差異がないことを確認した。


画像

今回も一発で動作した。測定器を接続して特性を測ってみたのが上の表。まだNFBはかけていないが、周波数特性の高域は落ちるのが早め。出力管グリッドをパラ接続したのが影響しているのだろう。出力は0.5W~0.6Wで1.4Wの予想を大きく下回ってしまった。これについては後述する。利得はほぼ予想通り。DFはNFB無しにもかかわらず高め。残留ノイズは多めだが、左右に差がないことは電源トランスの漏洩磁束による出力トランスへの影響が少ないことを示している。


画像

1KHz、1W出力時のオシロ波形を撮影したのが上の画像。波形の下の部分がクリップして平らになってしまっている。これについては解析する必要がある。出力が予想を下回る原因となっている。


画像

ついでに方形波の波形を撮影した。これは100Hz。


画像

1KHzの方形波。


画像

続いて10KHzの方形波。高域の減衰がなめらかなのがわかる。

これらを見ただけで、識者の方はこのアンプの周波数特性がどんな感じかわかってしまうだろう。


当面の課題は、出力のクリップと+B電圧が低い原因の解析だ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

福田のTH
2010年05月03日 17:28
今日、2A3をトランスドライブする球を探していて
6N6P、6N30、55、56,6J5、5687、6463、P61と
候補を探していて、ここに来ました。
同じ6N6Pでパワーアンプなのに驚きました。
それと6N6PとP61のプレート特性が良く似ているのに
驚きました
おんにょ
2010年05月04日 12:46
福田のTHさん、はじめまして。拙ブログをご覧になりありがとうございます。
6N1Pや6N6Pはれっきとした電圧増幅管なのですが、ミニワッターとして使うこともできます。私の環境では、出力が1Wもあれば十分なので、このようなアンプを作って楽しんでいます。
福田のTH
2010年05月04日 16:55
おんにょさん こんにちわ
わたしも持っているだけで、使っていないので
えらい事は言えませんが
エレハモの6H30EHという球は、6N6Pとピン接がおなじで6N6Pのrp半分というパワフルな球です。
挿すだけで出力倍増です。
またのお楽しみに
物理データだけ良くて音がいまいちというのは、
それも在りうるのですが
rpが下がると帯域が広がるのですがねえ
おんにょ
2010年05月05日 10:03
タマのご紹介ありがとうございます。
エイヤでロードライン引いてみましたら、Eb=150V, Ip=25mA, Eg=-7.5Vあたりになりました。
ロードラインは5KΩにしています。rpは910Ωと出ました。
拙アンプにそのまま差し替えると、バイアスが深すぎて2次歪みが多くなってしまいます。
電圧を下げて電流を流したほうが良いようです。
福田のTH
2010年05月05日 22:27
おんにょさん すみませんね
>挿すだけで出力倍増です。
これは、アンプのトランスとか電源のスケールでという
意味で、動作点は、ご自由に設定ください。
最近、12BH7というTV球の価格が高くなってしまい
わたしも、6N6Pに頼らなくてはと思います。
6H30は、SOVTECのブランドの頃のものを持っていました。
エレハモブランドのは、すごい高いですね
おんにょ
2010年05月06日 12:32
福田のTHさん、気になさることはありません。拙アンプに差し替えたらどうなるか考えてみただけですので。
トランスドライブでしたら5極出力管の3結でも可能です。ただ、私はやったことがないのでスキルがありません。

この記事へのトラックバック