全段差動アンプの電源コンデンサ増量

某掲示板で、掲題の音質変化が話題になっている。しかも、私の書いた文章(※注)がそのまま引用されて。音質変化の原因はわかりません(爆)。

だれかayumiさんみたいな人が、出力トランスのストレーキャパシタンス、配線のインダクタンスやストレーキャパシタンスや線間容量・抵抗、真空管の電極間容量などのパラメータを一切合切取り込んでspiceシミュレーションをかければ、電源コンデンサの増量によって出力波形に違いが出てくるのかもしれない。

オーディオというのは魑魅魍魎が跋扈する世界で、部品1つにとっても音質変化があると言われている。しかも、違うのがわかってもそれが自分にとって良い方向に変化するとは限らないし、自分が良いと感じても、他の人は悪いと感じるかもしれないのだ。

決してビンテージ部品や高価なオーディオ用部品を使ったから音が良くなる、というわけではないのだ。私は駄耳の持ち主だから、違いがわからない、ということもある(笑)。

QC的な手法を使うなら、音質変化の大きいファクターを先に試してみて、自分にとって良いと感じるものを採用すれば良いわけだ。

私のEL32全段差動アンプは、現在またしまわれたままになってしまっている。気が向いたら、音質変化が大きいと思われる、ドライバ段および出力段の動作点を変化させて音質の変化を探ってみようと思う。

大金をかけて作っているのだから、自分の好みの音質にならないと困る、ということもある。ダイニングに置いてある10EW7差動アンプは十分実用になっているし、きっと変わるはずだ。いや、変わって欲しい。

某Webのおかげで差動アンプが何万台?と作られているわけだが、作った人がそれを使い続けているかどうかに興味がある。1台だけ作って常用している人はむしろ少なく、きっと自分の好きな音を求めて何台も作っているはずだ。差動アンプが単なる通過点なのか、あるいは終着なのか?

あなたは差動アンプの音が好きですか?

(2010.2.7)追記
※注
「回路的に考えると、信号ループは+B電源部のコンデンサを通らないので全く関係ない。また、基本的にA級アンプなので、信号により電源電圧が変動して問題になることは無い。さらに、通常聴いている音量は出力0.5Wを越えないのでレギュレーションの影響は極小だ。即ち音質の変化はありえないことになる。」

上記文章が某掲示板に度々引用されて独り歩きしてしまった。私の真の目的は、回路的には音質変化の要素がないはずなのに実際は起きているようだ。何故なんだろう?という疑問を問いかけるつもりだったのだが、科学的思考を真っ向から否定するように取られてしまったのは残念だ。

まあそのうち静まるだろうから、静観していよう。

(2010.2.10追記)
どうやら騒ぎは収まったようだ。これで一安心。
電源コンデンサにスイッチをつけて、三土会のデモで音質変化を確かめる、なんてことを考えたが、アンプが重いからヤメタ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

TK
2010年02月06日 07:28
おんにょさん 今年も宜しくです。暫く影を潜めておりました。

さてそうだなーー。差動も良い方式ですが、こっちの方は、話題すら
無いから自然と私から消えさりました。
部品を買ってある分だけは、作らなくては・・・?・?
5687同等品の差動単段アンプは、時々聞いているぐらいです。

今。僕の方は、比較的価格の安い水平出力管に取り付かれているかな。
どっちにせよ良質なトランスが、買えないから当分***信者でしょうね。
せっかく買ったEL32の出番もなかなかきません。
おんにょ
2010年02月06日 09:59
TKさんお久しぶりです。
そちらでは専らSEPPですか。ブログを見ると"国民OTLアンプ"とかありますが、回路図が見たいです。ラジオ技術2009年12月号のと基本的に一緒なのでしょうか。
レギュレータ管とか暴走しやすいというウワサを聞きますし、水平出力管はトッププレートが、、、むかし真空管テレビをいたずらしていてダンパー管で感電したことがあるんです。プレートが剥きだしになっていて。それがトラウマになって、トッププレートのはやっぱり生理的に受け付けません。
TK
2010年02月06日 15:16
コメントありがとうございます。結構、ここのサイトも
見ている方が、多そうなので控えめにコメントしておき
ます。
>基本的に一緒なのでしょうか。
たぶん基本回路は、そうだと思います。おそらく今月来月の
ラ技に発表されるのではと思います。

>レギュレータ管とか暴走しやすいというウワサを聞きますし
本当の話です。噂では、ありません。普通に使ってもいとも簡
単に飛ぶ事が、あるそうです。だからアノ回路に重要な意味が、
隠されているんですよ。

>それがトラウマになって、トッププレートのはやっぱり生
理的に受け付けません。
一度怖い目をするとダメですね。僕のやっている工作は、30V
以下だからビリビリきません。またトッププレートの真空管の
安定度を知ると・・・気持ちが、変化しますよ。
おんにょ
2010年02月07日 12:33
TKさんこんにちは。
OPアンプ駆動なら、正転と反転アンプで駆動してやればもっと簡単になると思うのですが、コンデンサで直流を切ってしまうのがダメなのでしょうか。歪み打ち消しとかを考えなければできると思います。
実家には白黒テレビやカラーテレビから抜き取った25E5、12G-B6、6JS6A、40KG6A等の水平偏向出力管があります。使えるかどうかはわかりません。6JS6Aを検索してみたら1本1万円近くするんですね。ビックリしました。
ひでじ
2010年02月07日 23:59
おんにょさんこんばんは!私も、とある掲示板ず=っと観戦しておりました。私は全段差動Amp1個だけ作ってず~っとメインとして使っていましたよ。ただ、皆さん仰るように、全段差動Ampの傾向が私も感じるので、今回デジタルAmpを購入して聞き比べようと考えていますが.....(^^ゞ
結果
少なくともPCL86の全段差動はいたってまっとうな音でした。低音のヴォリューム不足は音を大きくすると顕著に感じるので、おそらくOPTであろうと近いうちに確認してみたいと思います。
おんにょ
2010年02月08日 12:26
ひでじさんこんにちは。全段差動は、いろんなソースをソツなく鳴らす優等生、というのが多くの方の感じる傾向に思います。KA-8-54Pの低音をデジタルアンプと比較するのはかわいそうでしょう。
ひでじ
2010年02月08日 23:40
やっぱりおんにょさんもそう思いますか?
でも、全段差動、デジタルampに負けていませんでしたよ。音量上げると低音が.....
PCL86のrpが大きいからか、はたまたKA-8-54Pの限界か?
リファレンスが出来たので、ゆっくりですが工作に励んでみようかな?
おんにょ
2010年02月09日 13:28
オフ会とかでいろいろ聴きましたが、優等生で沈着冷静という感じは受けますね。
オシロと発振器があれば、低い周波数でレベルが落ち始めたあたりのサイン波を観測してみると良いです。
むかしボイストレーニングをやっていたことがあるのですが、歌う声域よりも上下に余裕がないとダメなんです。だから、トレーニングで上下の声域を広げます。同じように、アンプでNFBを使って補正しても、余裕がない周波数帯域ではやっぱり苦しいのでは、と思います。

この記事へのトラックバック