6N1Pアンプ・クロストーク特性改善

謹賀新年 本年もよろしくお願い致します

元旦早々からアンプいじりをするのはやめて、3日から6N1Pppアンプのクロストーク特性を改善すべく、ちょっとやってみた。

特性の良くない左チャンネル出力にミリボルをつなぎ、右チャンネルへオシレータ信号を入力。配線をピンセットで動かしながらクロストークが低減できるかやってみる。

結果は6N1Pのプレート・グリッド配線より、ボリューム付近に指を近づけるとミリボルの針が下がることがわかった。

試しにアルミ箔でボリュームと出力トランスを遮ってやるとミリボルの針が1/3程度になった。出力トランスはもちろんケースアースを取ってあるが、誘導しているようだ。

導電テープでボリュームを確実に覆ってやるのが良いが、無いのでアルミ箔を使って簡易シールドとした。

画像


シールド追加後にクロストーク特性を測定してみた。20KHzで-52dBとなり、左右の違いがほぼ解消した。ボリュームを上げた時の残留ノイズレベルも減少している。

画像

実際の様子はこんな感じ。

試聴した結果、定位が向上し、楽器の位置や奥行きがリアルになった。
・・・というのはウソで、全然変わんねえよ(笑)。

(2010.01.03追記)
何故右chから左chのクロストークが増えたのか考えてみた。

画像

これは試作機と本番の比較画像。本番のほうがOPTとボリュームが接近しているのがわかる。OPTは静電シールドも磁気シールドも無い。出力トランスからの漏洩磁束がボリューム、特に左chに誘導したのだと思う。

アルミ箔を出力トランスとボリュームの間に挟んだだけ、つまり静電シールドでクロストークが減ったのは、幸運だったというべきだろう。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

あけましておめでとうございます
2010年01月05日 09:25
昨年は、色々とアドバイスいただきありがとうございました。
今年もこりずにプログを更新していきますので
昨年同様よろしくお願いいたします。
おんにょ
2010年01月06日 01:04
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
ところで、心当たりが数人いるのですが、どなたでしょう?
すみません!ひでじです
2010年01月06日 19:54
申し訳ございませんでした (^^ゞ
題名だと思っていたら、ニックネームの欄だったんですね。
お恥ずかしい

おんにょ
2010年01月07日 11:42
ひでじさんでしたか。
ブログはいつも拝見させて頂いています。
木工技術が素晴らしくてうらやましいです!
JK1EYP
2010年02月13日 09:25
6N1Pppアンプの製作記事読ませていただきました。
製作の楽しさが伝わってきます。構想あり、実験あり、工作あり、そして完成度の高さ。とても勉強になりました。
おんにょ
2010年02月13日 11:13
JK1EYPさんはじめまして。ようこそいらっしゃいました。拙ブログをご覧頂きありがとうございます。
私もかつて相模原市に住んでいたことがあります。大菩薩峠で電波出したのは遠い昔のことです。レピーター使ったかどうかは定かではありません。

この記事へのトラックバック