6N1Pアンプ・オンディレイタイマーその2

アキバに出かけてオンディレイタイマーの部品を購入。ごそごそと基板に部品をハンダ付けした。

画像


確か2時間くらいでできたかな。 006Pの乾電池で試してみると、手で電池のON/OFFをやっているから、リレーにチャタリングが発生してしまう。

でも、とりあえずタイマーの機能が働いているようなので、6N1Pppアンプに9V電源だけつないでみる。500KΩの半固定抵抗を回してみると、ディレイ時間は1秒くらいから75秒くらいに変化する。計算値よりディレイ時間が長いのは、電解コンデンサ100μFの容量が多いのだろう。

+B用電源トランスの1次側にリレーを割り込ませる改造をし、6N1Pのグリッド電圧をモニターする。ディレイ時間は約15秒にセット。アンプの電源を入れて、しばらくしてリレーが働き、+B電圧が上昇しだす。

グリッド電圧はほぼ一定だ。一発成功! これなら七面鳥アンプ現象から逃れられる。

SPをセットして試してみる。リレーがONするときのポップ音は出ない。ここまではOK。ところが、、、

アンプの電源OFF時に、SPからプギョッと音がするようになってしまった。これではいけない。

いろいろ原因を探っていくと、どうやら9Vの電源が電源OFF時に発振しているらしい。

3端子レギュレータ出力の根元に0.1μFのコンデンサをつけてみたが改善しない。リレーのOFF時に急激な電流変化が起き、発振してしまうのかもしれない。

9Vの電源に1000μFのコンデンサをつけてみた。今度はオンディレイタイマーが働かなくなってしまった。アンプの電源ONで即リレーがONしてしまう。NE555のトリガがかかっていないのだ。でも、電源OFF時の発振音は出なくなった。

コンデンサの容量を増減してみたのが以下の表だ。470μFなら、オンディレイ動作にも電源OFF時の発振にも余裕があることから、この値に決定。

画像


とりあえずオンディレイタイマーが動いたので、本番6N1Pppアンプにも採用しようと思う。

オンディレイタイマーの部品代は445円だった。これくらいならアンプ全体の金額の2.2%だからOKだ。

回路図を以下に示す。なんだかずいぶん複雑になったなあ。

画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

とんとん
2009年12月03日 15:18
おんにょさん、こんにちは。とうとうそこまできちゃいましたか!。やはり簡単に妥協される方ではなかったですね。昨晩、書き込みを拝見したのですが、今朝には削除されていましたので、もしや何か??と気になっていたのですが、画像追加でUPされていましたので一安心です。いよいよ本番機ですね、期待しています。
おんにょ
2009年12月04日 01:22
とんとんさんこんにちは。昨晩(ってもう一昨日ですが)非公開の状態でブログをアップロードしたつもりが公開になっていて、慌てて消したんです。まだ添削前だったし。オンディレイタイマーはスマートでないのですが、これなら音に影響を与えませんし、じゃまになったらリレー出力をショートするだけです。本番機はシャーシ加工に着手すればいいのですが、あれこれ理由をつけてやらないグータラです。いい加減手をつけなければ。
クッキー
2009年12月10日 13:31
お久しぶりです。バイブレーター回路で光り物も是非! リレーは接点耐圧も考えるとPT一次側で制御した方が安全かな?と考えたら、ヒーター用とB電源用とトランス分けなきゃいけなくなり・・。ブレッドボードでだけは上手くいったのですが、実験は頓挫(^^; ブログにアップしていた動画が削除されてしまったみたい。何故だ・・。
おんにょ
2009年12月10日 15:24
クッキーさんこんにちは。
じつはググっていたらクッキーさんのブログが引っかかってきて、そのリンクで回路を参考にさせてもらいました。リレーにNC/NO接点があるので、2色LEDで表示できるんですけど、面倒なのでやりません。今回のアンプは妙に力が抜けています。ある程度適当なほうが、良いものができるみたいです。
トランス2次側で制御するのは、実際手で配線を接触・切断して火花が出るかどうかで判断してみてはいかがでしょう? 手だとチャタリングが出るので案外わかりやすいかも。

この記事へのトラックバック