D級アンプ・ケースに入れる

またまた真空管オーディオから外れるがご容赦m(_ _)m たぶんこれが最後だろう。

D級アンプをケースに組み込んでみた。使ったのはTAKACHIのYM-150、W150×D100×H40だ。アンプ基板の小ささにつられて小さなケースを選んでしまうと実装に苦労するし、どうせまた後でいじるのだろうから、大きめにした。

画像


電源ジャックのところに電解コンデンサ、MUSEの470μFを入れた。説明書を読むと、電源に入れるコンデンサで音が変わる、と書いてある。基板のコンデンサを取り替えるのは大変だし、後付けで並列にすれば、そのコンデンサ特有の音色が薄らぐだろうと思う。何故MUSEなのかは、何げに手持ちのジャンクを漁ったら出てきただけのこと。

画像


フタをして、前から撮った画像。何も変哲のないアンプの顔。LEDに12Vのを使ったら、電源が15Vなので結構明るい。何となく目がいってしまう。抵抗を入れて暗くしたほうが良いだろう。

画像


後ろから撮った画像。ありゃりゃピンぼけ(笑)。スピーカー端子がでかく見える。

クロックはデフォルトの670KHz±7%に戻した。私の駄耳では違いがわからないから。ゲインは29.6dB(30.2倍)にしてある。入力ボリュームをMAXにするとシューッというノイズが増えるので、ちょい手前で使っている。ラインアンプを使用しているので、これでOK。

TAKACHIのケースは奥澤で787円だった。ACアダプタは秋月で15V1.6Aのものが1,000円。D級アンプは2,000円。LEDが170円。後は手持ちの部品を使ったから、合計3,957円。4,000円弱でできてしまった。これでかなりの高音質が得られるのだから、大したものだ。

ちなみに、"MAX9704"で検索をかけると、製作例がわんさか出てくる。オーディオの単独使用なら問題は少ないが、FMラジオへの影響があるらしい。出力にノイズフィルタをつけたほうが良いかもしれない。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

とんとん
2009年11月27日 21:40
おんにょさん、こんばんは。また~横道にそれる~!。三土会拝見しました。二つのアンプを持ち込まれたご様子。二枚目の写真はD級アンプをセッティング(?)されているのかな?。お三方が写っていますが、中にいらっしゃるのかしら。寄る年波には勝てず、老眼鏡と拡大鏡のお世話になっていますので、石は辛いです。大きなソケットの球だと眼鏡だけで何とかできますが、小さなソケットは辛くなってきました。
OFF会は年明けの11日、年末年始のバタバタを考えると、年内には出来上がっていないと(もしかすると出来上がっているとか?)。
私の方は、久しぶりに頭の中がこんがらがって辛かったですが、納品完了しました。一息ついたらボチボチ動こうと思っています。
あかん、支離滅裂!。
おんにょ
2009年11月28日 11:00
とんとんさんこんにちは。写真はもっと正面から撮って欲しかったです。
本番6N1Pアンプは、デザインで止まっています。
トランスがシャーシ内で6N1Pが2本突っ立っているパターンだと、5M-HH3アンプと同じになってしまうし。
パイオニアさんお疲れさまでした。依頼品だったんですね。真ん中の目みたいのは何でしょう? マジックアイ??
とんとん
2009年11月28日 12:30
おんにょさん、こんにちは。写真は了解です。お若いですね~、羨ましい限りです。
デザインは悩みますね~!、長く使おうとすればなおのことですね。私はワンパターンです。
パイオニアさんは依頼品で、遠く(?)からオーナーさんとお見えになりました。見た時はお断りに務めたのですが、余りの熱意についほだされてしまい、おかげでダイヤルまで作る羽目になってしまいました。ダイヤル板の真ん中に見えるのはマジックアイで、AM/FMで使えるようになっています。オリジナル塗色の再現が少し面倒でしたが何とかクリアしました。これらの修理情報は出さない方が賢明と思いながらも出してしまいます。
おんにょ
2009年11月28日 14:00
とんとんさん、写真は一番右側です。ふさふさしてないほう(笑)。ぱいおにあさんのFMで使えるマジックアイって初めて見ました。色つけはクルマの塗装屋さんにお願いすると色合わせしてもらえますから、依頼品の場合はそのほうが良いかもしれません。

この記事へのトラックバック