D級アンプ・波形観測

また真空管オーディオから外れるが、ご容赦。

オシロ波形が見れないのが悔しかったので、再度挑戦してみた。このD級アンプの出力は差動であること。つまりマイナス側はGNDではないのだ。出力はプラス・マイナスでなくて、OUTP、OUTNと記すことにしよう。前回はオシロをOUTPとOUTNにつないでいたので、即ち差分を見ていたことになる。これではちゃんと見れないのは当たり前。

ということをふまえ、基板のGNDとOUTP、OUTNをALTで波形観測。

画像


なんだか波形がずれてうまく見えない。これは、EMI対策でランダムにクロック周波数を変動させているためだ。つまるところジッタ? AMラジオを近づけて見ると、シャーというFMの離調ノイズのような音がする。特定の周波数にピークを持たせないようになっているから、こんな音になるのだろう。

このキットはジャンパーでクロック周波数を変更できる。デフォルトでは670KHz±7%だが、940KHz、470KHz、670KHzが選べる。今回は最高の940KHzにしてみた。その時の波形がこれ↓。

画像


オシロのGNDをどこに取るかで矩形が変化する。電源ジャックのGNDを基準にしてみた。入力ボリュームはMINで入力は加えていない。上がOUTPで、下がOUTN。

画像


入力に1KHzのサイン波を加えてみたのが上の画像。デューティー比が変化しているようだ。同期が取れないのでぶれて写っているように見える。OUTPとOUTNの差がアナログの音として聞こえる。不思議だなあ。

クロック周波数を940KHzに変更しての試聴結果は、私の駄耳では違いを認識できなかった。スイッチで切り換えて同じ曲をかけてみるとかしないとわからないなあ。これならデフォルトの670KHz±7%で良いけれど、ハンダのジャンパーを外さなけれないけないのでしばらくそのままにしておこう。



話題は変わるが、6N1Pppの三土会デモの結果をちょっと報告。いつも使っている和室でなくて、調理室を使った試聴は、部屋がライブ、かつ狭いせいでニアフィールドでなくても十分な音量が得られた。SP間隔は5mくらい。

十分な音量といっても、それ以上ボリュームを上げると歪むのがわかったから、余裕は殆ど無い。SPの能率は94dB程度あるようだ。

自分で試聴した結果は上々、説得力のある音が出ていたので、成功だったと思う。他の人の意見を聞かなければわからないけれど、試作からそのまま本番に移っても良い感じだ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とんとん
2009年11月22日 22:00
パチパチパチパチパチ・・・!。問題(?)解決手段を組み込んで、本番突入を切に希望(あれこれ浮気をしないで・・・・)。まねっこの準備を急がないと!。
おんにょさん、こんばんは。レホート第一弾了解です。私はダイヤルスケールの作成と、外装を残すだけとなりました。明日は色付けが出来そうなお天気とか、待ち遠しかったです。
おんにょ
2009年11月23日 14:56
とんとんさんこんにちは。ありがとうございます。
三土会では、「出力は小さいようですが、低音もよく出ておりました」というコメントです。
今本番機のレイアウトを考えております。ソフトンのOFF会までには間に合わせようかと。

ぱいおにあさんはトライアンプですか、まるでシャーシ内は真空管テレビのようですね。
今日辺り塗装でしょうか。寒いと乾燥に時間がかかって大変です。

この記事へのトラックバック