D級アンプ初体験

真空管オーディオから外れるが、ご容赦。
mixiのとあるコミュニティでMAX9704を使ったD級アンプのキットの話が出ていた。

CFカードと同じくらいの基板サイズで、10W×2のステレオアンプだ。値段は2,000円。
http://strawberry-linux.com/catalog/items?code=32001

貧乏な私でもこれくらいの値段なら出せる。ちょっと興味が湧いたので、注文してみた。

次の日の夕方に届いたので、さっそく組み立ててみた。真空管アンプばかりいじっている私にとって、この基板のパターンの細かさといったらない。

とりあえずできたのがこれ。ケースに入れずに端子をつないだだけ。

画像


いきなりスピーカーをつなぐのは怖いので、ダミーロードにつないでオシレータとミリボルとオシロで観察することにした。

パソコン用のACアダプターで電源供給したら、ミリボルが1V位振れる。オシロは同期がとれない。変な波形が出ているらしい。なんだこりゃ??? 発振か???


わけわからーん。。。


試しにスピーカーにつないでみる。ピーってちゃんと音が聞こえる。一体どうなってんだこれ???


ここで大きな勘違いが発覚。D級アンプって、内部でD級増幅したものをアナログ出力しているものだと思っていた。ところが、パルス幅変調(PWM)して直接スピーカーを駆動しているのだ。オシロは変な波形だが、ちゃんと音として聞こえる。不思議不思議。

とりあえず音が出たので、いつも使っているオーディオにこのD級アンプをつないでみた。結果は、まっとうな音がする。これは意外。三土会でいつも聴いているような、高音シャッキーンの音じゃない。参ったなこりゃ。2,000円のアンプだよこれ。十分じゃん。

それにしても不思議なのは、仕様に歪率があること。出力がアナログでないのに、どうやって測定するんだろう?

動作中のICに触ってみたが、わずかにほんのり暖かいだけで、殆ど発熱がない。ICの寸法は約7mm角。

現在の技術なら、こんなことができちゃうんだな。自分的には黒船来襲のような出来事であった。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ケン
2009年11月21日 07:43
 ついに禁断のD級アンプ!ではないですがこちらも色々面白いですよ。こいつはノイズフィルタレスでBTLですから出力の測定もフィルターを入れ、差動出力を測定できるようにしないとうまく測れません。後、正弦波で最大出力を振っていると飛んでしまうので注意が必要です。
おんにょ
2009年11月21日 20:48
ケンさんこんにちは。三土会ではお世話になっております。このアンプは出力が差動になっているのですね。未経験で測定方法がわかりませんので、今のところ出力測定は無しです。聴感上の利得が低いようですので、現在は最大利得の29.6dBにしています。ノイズも増えるので、19.1dBあたりが適当かもしれません。もう数日試聴してみて、良いようだったらケースに入れる予定です。

この記事へのトラックバック