6N1Pアンプ・+Bをゆっくり立ち上げる

やっぱり七面鳥アンプ状態が気にかかるので、+Bがゆっくり立ち上がるように回路変更してみた。定電圧電源をやめ、リプルフィルタTrのベースに2段のCRフィルタで入る構成にした。

画像


結果は、+Bはじっくり15秒くらいかけて立ち上がるようになったが、+Bが40V位の時にすでにグリッドには20V程度の電圧がかかってしまっている。6N1Pが動作するまでに30秒程度かかるようで、七面鳥アンプ状態を回避するには加速度的に+Bが立ち上がらないといけないようだ。

6N1Pが動作するまでにグリッドへ高い電圧がかかっても、動作していないのだから問題ないし、動作状態に入る時のプレート電流はそんなに流れないので、気にしないほうが良いのかもしれない。要するに妥協だ(笑)。

閑話休題。このアンプの回路はいまだに理解できないが、似た回路を適当に拾ってみた。

画像


ダイナミックカップルは、出力管を駆動する真空管のプレートがOPTを介していない点で違う。帰還がかかる点では超三結に似ているような気がする。回路的にはダーリントン接続のようだが、タマリントンの逆バージョンか?


またまた話題は変わるが、6N1Pを単にAB級のプッシュプルで使ったら出力はどれくらい出るのだろう? 製品があったような気がするが、検索しても引っかかってこない。出力は2Wだったと思う。一体どんな回路なのか、見てみたい気がする。


さらに話が変わる。このアンプをちゃんと仕立ててみようか迷っている。こうやってアイディアが浮かぶたびに実験しているのでいつまでたっても終わらないし、終わる頃にはこのアンプに対する興味を失っているような気がする。自宅で聴く分には音質的に申し分ないが、どこか外でデモするには決定的に出力が足らない。また、新しい真空管を入手していたずらしているかもしれないし、どうしたものだろう。実験機に留めておくのが妥当な気がするが・・・・・・・

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

とんとん
2009年11月16日 09:42
おんにょさん、おはようございます。もうおしまいにしちゃうんですか?。
前段の石は、通電時(?)から電流が流れ始め、いやがうえにもエミッターに電圧が発生しますので、やむを得ずですが!。球と石のタイムラグを取り除ければ、実験機の枠を飛び出せそうに思うのですが。
もう一頑張りして、飛び出してほしいな~と!(ひとごとなので、無責任に言っちゃってます)。
そのときは、コピーさせて貰おうな等と虫の良い考えもちらほら。
おんにょ
2009年11月16日 15:58
とんとんさんこんにちは。Trのコレクタと管のプレートが直結されているので難しいです。+Bが別トランスになっているので、遅延リレー噛ますとか? 真空管起動時のせいぜい15秒程度に対策して、回路が複雑になっちゃうのはいかがなものか。タマと石だから問題があるのであって、タマとタマな構成なら良いかも。
三土会へ持ち込んでダメ出しして、評判が良かったらちゃんと仕立て直そうかと。ニアフィールドのセッティングにして聴いてもらったらどうでしょうね。
とんとん
2009年11月17日 09:17
おんにょさん、おはようございます。今回は途中退席することなく最後まで残っていただいて・・・・!。
ニァフィールドのセッティングが許してもらえるのなら、小出力でもそれなりの聴こえ方はするはずなのでGoodですね。二種類のセッティングをさせてもらえるなら、更に良しですが。
測定結果からして、悪い評価は無いと思うのですが(最も外部機器との相性は必ずついて回りますが)。実用機(現状でも実用機と思っていますが)にするためのあれこれは出てくるかもしれませんが、名だたる各氏のご意見は、非常に貴重なものと考えますので、結果をご披露ください。

この記事へのトラックバック