6Z7Gアンプ・配線完了したのだが…

どうもブログを書く手が進まない。どうもトラブル多発の道を歩き出したようだ。6Z7Gアンプの配線を完了、今回も一発で動作させることができたまでは良かった。

画像


画像


ところが、トランスの出力電圧が無負荷で48V程度あったのに、6Z7Gを動作させると37V程度まで低下してしまう。即ちトランスのレギュレーションが悪いのだ。やはりZT-03ESの逆使いでは無理があったか。

仕方ない、東栄のJ4805を購入。1,607円。換装自体は、サイズが同じだから大丈夫だった。今度は48V出ていることを確認したし、+Bも100V程度出ることがわかった。ところが、、、

6Z7Gに電流が流れすぎるのだ。プレート電流+グリッド電流が1つの三極管あたり50mA以上。グリッド電圧も40Vくらいまで上がってしまう。また、+Bが上昇したせいか、三極管のそれぞれに電流のバラツキが生じてしまう。最悪なことに、グリッド電圧が上昇しているうちに、電流が殆ど流れない状態になってしまった。エミ減だ。新品の真空管が数分間でエミ減になってしまうとは。

プレート電流+グリッド電流の差が単管のそれぞれに生じるのを防ぐために、バイアス調整用として33KΩの抵抗を100KΩの半固定に変更した。電流の流れすぎを防ぐために、共通カソードに自己バイアス用抵抗330Ωを付けた。33KΩの抵抗の一端ををGNDでなくマイナスに引いてみたが、電流の流れすぎ状態は変わらない。

今日、新たに真空管を4本購入。DCバランスが取れるものを選別、バイアス調整を完了。試聴し始めて数分、片側のチャンネルの音が小さくなってしまった。グリッド電圧の上昇、プレート電流+グリッド電流の減少、エミ減だ。

その後、4本中3本をダメにしてしまった。なんてこった。Trを飛ばすことはあっても、今までに真空管がダメになることは無かったのに。もともとB級用のアンプとして設計された真空管で、このような回路を使って高出力を得るのは無理があるんだなあ。落胆。。。

めげたので、電流を減らすべくトランスのタップを下げようと思う。例えば48Vから30Vまで下げれば+B電圧は65V程度まで下がるはず。当然、出力も低下するだろうが、やむをえない。

現状の回路図は以下のとおり。

画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

とんとん
2009年10月27日 09:52
おんにょさん、おはようございます。トラブル発生との書き込みがありましたので、5M-HH3と同様の事象と思っていたのですが、嫌な事象ですね。私の知る規格では、EpV:180/G1:0 V/zeroSignal:4.2mA/maxsignal:60 mA/Drv Power:0.35W....etcが、classA(?)となっています。このあたりの情報はお持ちかと思いますが(要らぬお世話ですね!)。
話は変わりますが、ラジオのダイヤルは自作可能と思います。私が書き込みをしている掲示板のLINK先に、某OMさんのHPにヒントがありますし、ダイヤルスケール(文字盤)も、管理人さんが作成された例がいくつかありますので、高一スーパーの自作も夢では無いと思います(仰っていただければ、お手伝いをさせていただきます)。
おんにょ
2009年10月27日 14:27
とんとんさんこんにちは。
RCAの規格を見たら、Average Plate Dissipationが8max wattsってあったんです。Eb=100V, Ip=50mAでも5Wだから大丈夫なはず。でもCLASS B AMPLIFIERでの規格だから、A2級では通用しないのでしょう。
今、+B電圧が65Vで鳴らしていますが、自宅なら出力0.5Wで迫力ある再生音が楽しめます。

ダイアルは、アイデアだけはあるんです。バーニアダイアルにアクリル板くっつけて、シールでダイアルスケールを作ろうと。でも3連バリコンを縦に配置すると奥行きの長いラジオになってしまいます。オンキョーさんのはバリコンが横になっていました。回路配置上はリーズナブルです。
とんとん
2009年10月27日 22:02
おんにょさん、こんばんは。仰るようにPeak Inverse Plate Voltage 180V/Plate Dissipation 8Wとなっていますね。これを信用するなら、余裕で耐えられる筈ですね。今は初期トラブルも解消して、安定動作しているご様子、さすがですね!。以前、6CG7srppでヘッドホンアンプを作りましたが、今は一段増幅後、残りユニットのカソードにOPTを入れて使っています。0.1W強の出力しか得られませんがBGM用としては十分です。0.5wも得られれば私の部屋ではおつりがきます。それにしても、製作意欲旺盛ですね。頭が下がります。
ST管や移行時期のMT管ラジオのVC配置は、横置きが大半ですね。ラジオ本体は、奥行きより横に大きくした方が豪華に見えますし、茶箪笥や和箪笥の上に置く事を前提に作られています(?)ので、落っこちたりしない大きさ等も考慮されて、このようになっていると思います。ダイヤルは幾つかのドライブ方法が有りますので、好みに合った物を選択されるのがベストかと思います。
新作の発表を楽しみにしております。
おんにょ
2009年10月28日 14:16
とんとんさん、アドバイスありがとうございます。
現在、6Z7Gのプレート損失を1つの三極管で0.8Wにしていますが、どうも気になってしかたがありません。このアンプは、5M-HH3ppアンプと同様の欠点があるのです。入力ボリューム最大で使うと、プチノイズが入ることです。60KHz付近に6dBほどの盛り上がりがあり、ドライバートランスをダンプするか、高域を意識的に落とす必要があると考えています。もう1点は、DFが0.15程度と低いこと。まるでFETのようなEp-Ip特性で、内部抵抗が高いんです。この2点は音色の特徴となっていますので、回路変更で何の変哲のないQRPアンプになってしまったらつまらないです。

ラジオは、VC横置きで正面にツマミ、ダイアルスケール付きにしたいんですが、それこそ既成のラジオもどきになってしまいます。やっぱり自作の特権で、オリジナリティあふれるものを作りたいです。
クッキー
2009年10月28日 19:39
御愁傷様です。三極管で内部抵抗が高いっていうのもあるんですね。DFが0.15って・・。素人考えですが、熱暴走に近い形でどんどん電流が増えて・・とか。回路を理解していないので想像の域です。数分で逝ってしまうというのは、さすがにやばいですね。人の不幸も喜んでいられないレベル(笑。
おんにょ
2009年10月28日 21:16
クッキーさんこんにちは。今日、色気を出して電源トランスのタップを30Vから36Vに変更したら、あっさり1本逝っちゃいました(泣)。残るは1本のみ。気がついた時はグリッド電圧が上昇していて、プレート電流が流れにくくなっています。一度エミ減になったら回復しません。もう6Z7Gでやる気は失せました。あ~あ。
MT9ピンソケットをつけてますので、こっちに鞍替えするつもりです。泥沼は続くのか、あきらめて這い上がるか。
とんとん
2009年10月28日 22:28
おんにょさん、こんばんは。泥沼なんて直ぐに干上がって固まります。固まらなければ固めてから歩きましょう!。諦めずに、這い上がって下さい!。
ちょっと気になった事が有ります・・・・規格表では、class-Aで、G1:0V/ZeroSignal:4.2mAとなっているのですが?。低電圧ですが初期状態でプレート電流をかなり流しておられて、ヒートアップと共に、更にブレーと電流が流れ、G1電圧も上昇しエミゲンに行き着いてしまう。プレート許容損失内としても、ヒートアップを助長する電圧がG1印加されているように思うのですが。Epvが低い時は何とか平衡(?)を保っていたものが、少しの電圧上昇で平衡が崩れたと、推測するのが妥当のような??。
論理的裏付けも技術も持ち合わせない、年寄りの独り言と聞き流して下さいませ。
おんにょ
2009年10月28日 22:55
とんとんさん、アドバイスありがとうございます。
ロフチン・ホワイトの七面鳥アンプのような現象、と理解しましたが合っていますでしょうか? 電源ON後のグリッド電圧をモニターしなければわかりませんが、十分その可能性はあります。対策としては、ヒートアップ後に+Bが立ち上がるように遅延をかけることでしょうか。

この記事へのトラックバック