5M-HH3アンプ・塗装開始

続いて5M-HH3ppアンプのシャーシ塗装。

まず紙ヤスリでシャーシ表面を荒らす。塗料の食いつきを良くするためだが、実際にテストしてみたわけではないのでわからない。紙ヤスリは400番のものを使った。縦横斜めにこするのがポイントのようだ。その後は台所洗剤でシャーシについた油分を落とす。

画像


乾いたら、シャーシの裏側を紙で塗装されないようにカバーする。別に裏側も塗ってしまって良いけれど、塗らなければ部品のアースが取りやすいのでそうしている。

画像


アルミは直接塗料が乗りにくいので、下地用にメタルプライマー(上の画像にあったもの)をスプレーする。このスプレーは無色なので、ちゃんと塗られているのかどうかがわかりにくい。

メタルプライマーが乾いたら本塗装だ。塗色はつや消しのスチールグレー。以前0-V-2ラジオに塗ったものの使い回しだ。4回程度重ね塗りするが、1回塗る毎に2000番の紙ヤスリでシャーシ表面についたホコリを軽く撫でて落とす。下の画像は1回目の塗装が完了した状態。

画像


ついでにネジの塗装を行う。これはダンボールにネジを挿してスプレーするだけ。ネジはあらかじめキリで下穴を開けておくと、差し込んだ後でグラグラしない。

画像


次に木の塗装を行う。まず木を紙ヤスリで表面をなめらかに、角を落とす。紙ヤスリは120番→240番→400番の順に段々細かいものを使う。

木の着色はオイルステインで、その後無色の水性ウレタンニスで10数回重ね塗りする。オイルステインは今回メープルの色のものを使った。これを使い古しのシャツにつけて木に擦り込む。

画像


この後はひたすらニスを塗り、2000番の紙ヤスリで表面のデコボコを取り、の繰り返し。水性ニスなので使用後のハケは水洗いするだけだから簡単だ。臭くないし。

画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック