42シングルアンプ・スタガー比実験

42シングルアンプの初段とドライブ段間、ドライブ段と出力段間の各カップリングコンデンサの値を変更し、スタガー比をほぼ1とした実験を行ったので紹介しよう。それぞれのカップリングコンデンサの値を0.01μF、0.022μFとしてある。

初段の低域時定数 flv1
76のrpとRLの並列値に次段グリッド抵抗を加えた抵抗値とカップリングコンデンサの値からflv1が決まる。
76のrpは14KΩ、RLは62KΩ、次段76のグリッド抵抗は470KΩ
14KΩ//62KΩ+470KΩ=481KΩ
flv1=159/(481KΩ*0.01uF)=33.1Hz

ドライブ段の低域時定数 flv2
76のrpとRLの並列値に次段グリッド抵抗を加えた抵抗値とカップリングコンデンサの値からflv2が決まる。
76のrpは14KΩ、RLは47KΩ、次段76のグリッド抵抗は220KΩ
14KΩ//47KΩ+220KΩ=231KΩ
flv2=159/(231KΩ*0.022uF)=31.3Hz

低域のスタガー比は flv1:flv2=0.95となる。

周波数特性を調べて比較したのが下の図だ。リファレンスのカップリングコンデンサの値は0.33μF、0.68μF。

画像


実験結果は50Hz付近に+0.74dBの盛り上がりができた。カップリングコンデンサの値が小さいので30Hz以下は急降下だ。

この周波数特性をふまえて音を聴いたらどうなったか。ひとことで言うと「古風な音」だ。低域が盛り上がっているのでジャズを聴くと低音の迫力が増す。浅野氏は 魅惑の真空管アンプ の中で「いわゆる音にリキをつけるための手法として利用した」と書いているがそのとおりだ。

実験にはメタライズドポリエステルコンデンサの安価なものを使った。下の写真の赤茶色のやつだ。カップリングコンデンサ用の用途としては、0.01μFとか0.022μF等の小容量のものは普通使われないから見つからない。いわば真空管ラジオ用だろう。と思って検索してみたらビンテージコンデンサがそれに当たるのか。

画像


どうもこのコンデンサ、ピアノのアタック音が濁って聞こえるので合わないようだ。低音の迫力は魅力的なんだけどね。

クロスオーバー周波数?を1オクターブ下げたら20Hzまでフラットにならないかしらん??? 0.022μFと0.047μFあたりどうだろうか。これくらいだったらASCの製品がある。いたずらはさらに続く?

(2008.12.6追記)
というわけで、カップリングコンデンサを0.022μFと0.047μFにして周波数特性を測定してみたのが下の図だ。黄緑の線がそう。40Hzあたりに+0.36dBの盛り上がりがあるが、だいぶフラットな特性になった。25Hzで0dBを切るのはかなり良いと言えるだろう。

画像


スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

yoshi
2012年01月14日 11:12
おんにょ様
はじめまして
アンプ超初心者のyoshiと申します。
よくブログ拝見しております。
この正月休み、自作の5球ス-パ-(80,42---)を分解、チョ-ク・OPTのみ購入し、おんにょ様の制作記事、参考にさせて頂き初めて真空管アンプ製作に挑戦いたしました。
42シングルアンプ、思っておりました音とは随分と違って、8畳和室で静かに聴くには十分満足出来る物となりました。
感謝しております。有難うございます。
シャ-シをラジオ用を使用しましたので、穴だらけ、部品の配置等が気になってます。(もう一度組み直し?)
それとマイクロフォニック(76がダメか)現象に悩まされてます。
おんにょ
2012年01月14日 20:33
yoshiさん、はじめまして。
42シングルアンプの完成おめでとうございます!
初めてというと鳴らなかったり、感電したりして投げ出しちゃう人が多いと思いますが、さすがですね。
何台か製作しているうちに技量が上がり、良くなっていくでしょう。それくらいはまります(笑)。
マイクロフォニックノイズは、76では仕方ないと思います。気にしない時代の真空管です。真空管を割り箸などで叩けばわかると思います。基本的には交換するしかありません。
yoshi
2012年01月16日 15:28
おんにょ様
早々にご返答ありがとうございます。
マイクロフォニックノイズは、76では仕方ないですか。シャ-シの補強と後段の76周りのコンデンサ-をピンから離してみたら少し良くなったようです。(ラジオ感覚で空中配線でしたので)。ソッケットがウエハ-なので、良くないのかもしれません。
低域が出過ぎるようでスタガ比いろいろ試してみようと思ってます。現在カップリングは0.33u、0.47u(手持ちで付けてしまいました)。低すぎるのかな?
すこしずつ勉強します。
おんにょ
2012年01月16日 18:26
yoshiさんこんにちは。
マイクロフォニックノイズは真空管内で電極の保持が甘い場合に発生します。前回のコメントで真空管を割り箸で叩いて、というのはその確認なんです。拙ブログのスタガ比実験はあくまで故意に1.0に近づけて低域に盛り上がりができるかどうかなので、本来はスタガ比を離して設計します。ですから低域を持ち上げると不自然に感じる場合があります。
yoshi
2012年01月17日 10:50
おんにょ様
再度返信頂き有難うございます。
スタガ比計算し、いろいろ取り替えて違いを確かめてみます。
次回は、手元に6v6がございますので、シャ-シから作って見ようと思います。アンプ作りはまりそうです。(笑い)
又、ご指導ください。有難うございました。

この記事へのトラックバック