6922差動ラインアンプ・その7

やっと全部の部品がついた。RCAピンジャックはソケットレンチとモンキースパナで固定しているが、アースラグが一緒に回ってしまうので非常に締めづらい。皆さんはどうしているのだろうか?ちなみにタカチのケースはフロント及びリアパネルが1枚の板で、かつ外れるので部品を取り付けやすい。

画像


-C・ヒーター基板の放熱板とヒューズホルダが当たってしまうので、+B基板と上下を入れ替えた。バスブーストSWとダイオードブリッジが接近してしまってな~んかヤな感じ。電源SWと放熱板はぎりぎりセーフ。+B基板のセメント抵抗は、ヒューズホルダーをあぶってしまうが仕方ないだろう。

それにしても、結構大きめのケースを選んだつもりなのだが、配線は大変のような気がする。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック