10EW7差動アンプ・その9

画像


7本の10EW7をとっかえひっかえ、やっと10EW7 section1のプレート電圧を4V程度の差に追い込むことができた。これから使っていくとずれる可能性があるが、現状で良しとしよう。

10EW7差動アンプの諸特性

画像


周波数特性
十分広帯域だ。左右で特性が揃っているのが良い。

画像


歪率
なんだか周波数ごとに特性がばらばらになってしまった。出力2W以上の測定で急激に歪率の悪化があったが、これはオーディオインターフェースの入力が飽和してしまったためで、ボリュームによるアッテネータを入れたら異常値を示さなくなった。

画像


クロストーク特性
20Hz~20KHzにおいて60dB以上を確保。高域で悪化が見られるが、低域の悪化が無いのは差動アンプの特徴だ。

画像


回路図
NFB抵抗に並列の容量を入れなかったので削除。
画像


最後に、アンプの画像を追加。

画像


画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック