45シングルアンプ・シャーシ製作

45singleアンプのシャーシ設計方法を紹介しよう。
画像

シャーシ製作は安く上げるなら自分で加工することだろう。でも、最低限の工具が必要、騒音が出ても問題ない作業場が必要、自分で加工する時間が必要、加工にノウハウが必要だ。ある程度ノウハウを持っていたとしても、残念ながら仕上がりはNC加工には遠く及ばない。

そこで私は今回初めて特注をやってみた。シャーシの製作は美獅真BFにお願いした。ワンオフで作ってくれる上、リーズナブルな価格でおすすめできる。納期は3週間くらいだったと思う。NC加工で鋼板の厚さは1.6mm。頑丈なことこのうえないが、追加加工は困難。四方を折り曲げて溶接してある。ネジ穴に塗装がかかってなくて感心した。塗装は前回お願いした調合された塗料を使ってやってもらった。

美獅真BFのホームページはこちら↓
http://home.m08.itscom.net/misima/index.html

設計図面はSakraCadを使用した。このツールはWindowsライクな操作性でコマンドがわかりやすい。業界標準のJw_cadは、機械系のツールなので慣れている人以外は難しいと思う。私は全然手に負えなかった。

SakraCadのホームページはこちら↓
http://www.pluto.dti.ne.jp/~ran-yu/sakracad/index.html

なお、SakraCadはJw_cadのJWCファイルを吐くことができるので、SakraCadで設計してJw_cadにファイルを渡すことが可能。

SakraCadはオブジェクトをコピーしたり移動させたりした時に、グリッドに乗らなくなることがあって苦労した。どうやって回避したかはよく覚えていない。情報になっていなくて申し訳ない。

(2008.10.25追記)
スナップ→グリッドにレ点、スナップの設定でグリッドに所望の値を入力した状態にしておく。オブジェクトを選択して端点・交点・中心等が表示された時にドラッグして移動させるとグリッドずれは起こらない。

部品の配置は出来る限り10mmグリッドで行った。一部は5mmグリッドで行っている。これくらいのおおざっぱでも大丈夫だ。

私はシャーシ上にブロック型の電解コンデンサを置かない方針で設計したので、電源トランスと出力トランスの間隔を詰める必要があった。シャーシのサイズは350mm×230mm×60mmだ。そのため電源部の配線とアンプ部の配線が重なって混み合ってしまった。シャーシの横幅をあと1cm程度広げたほうが良かったかもしれない。シャーシ横はサイドウッドを付けた。シャーシ側に各々4個所、内側から木ねじで固定する穴を設けてある。

図面が完成したら、1倍でプリントアウトしてアンプの外装部品を載せて干渉しないかどうか、穴位置がずれたりしていないかどうか、穴寸法はOKかなどを確認する。予めアンプの外装部品を購入していないと、後で購入した部品と取付寸法が合わない、なんてことがおきてしまう。

SakraCadで設計した図面を、JPEGでメール添付して送った。出来上がったシャーシは宅急便で、代金は銀行振り込みなので美獅真BFへ一回も出向かなくとも完成してしまった。図面について問い合わせの返信メールも無く、シャーシは設計通りだったので本当にラクだった。

シャーシ上面・側面図
画像

シャーシ底面図
画像

シャーシ底板
画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まるぼうず
2008年05月24日 08:36
いつもお世話になっている「まるぼうず」です。
やはり「美しい仕上がり」に拘ると、こういう世界になるのですね。この 45 Single は側板の仕上げもウェブ上では大変美しく見えます。
今組み直し中の 6V6 Single の AC コードが直付けになっているので、AC インレットのしたいのですが、四角い穴を開けるのはハンドドリルしか持たない私には困難を極めます。
お寺の会で実物を見れるんですよね。音もさることながら、仕上げを堪能したいと思います。
おんにょ
2008年05月24日 18:11
側板はシロートのニス仕上げですからたいしたことないです。カラーニス使ってますから色むらがあります。オイルステインで着色、クリアーニスを重ね塗りして仕上げれば良いと思います。

ACインレットの加工は、アルミシャーシだったらドリルで丸穴をいくつも開け、ヤスリでつないで仕上げる手があります。使うのは丸ヤスリと板状のヤスリです。他の部品を外しての作業となります。そうしないと切り子が部品の中に入ってしまいます。例えばアルミ1.2mmの板厚だったら、加工に要する時間は30分程度です。

お寺大会にはこのアンプで参加予定ですので、実物をゆっくりご覧になられたら良いと思います。アンプだけでは地味なので、特別な演出も用意しております!

この記事へのトラックバック