手配線とプリント基板の比較

手配線とプリント基板を比較してみよう。

一般的なアナログ回路用プリント基板の膜厚を35μmとすると、
AWG22に相当する基板の線幅は 9.30mm
AWG20 〃 14.79mm
AWG18 〃 23.51mm
となる。

AWG22というと、手配線ではかなり細く感じられるが、プリント基板の線幅では9.3mm相当となる。9.3mmの線幅は、電源ラインに使う線幅としても太いかな。ちなみにプリント基板の線幅が2mmの場合、AWG28~AWG29相当となる。これは細すぎという感じ。

また、プリント基板の線幅5mmで抵抗値は0.09852Ω/m、0.1Ωに相当する長さは1.02m。結構長くても抵抗値は低いようだ。

以下は備忘録

AWG22 0.3255mm2 0.05296Ω/m
AWG20 0.5176mm2 0.03331Ω/m
AWG18 0.8230mm2 0.02095Ω/m

銅 0.017241Ωmm2/m at 20℃

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック