71Aロフチンホワイトアンプ・その6

画像

71Aをパラシングルにした回路図を書いてみた。ついでにトランス類をハシモトに変更。やっぱり6SF5で2本の71Aをドライブするのはつらそうだ。

ちなみに71Aのカソード抵抗は1本当たり5.5Wもの電力を消費する。2個で11W。出力は1.5W+1.5W。こんな不合理なアンプを作れるのもシロートの特権だ。

オーソドックスな3極管の2段増幅にして、+Bに280V端子を使ってダイオード整流で前段供給、トランジスタリプルフィルタを使ってチョークをやめ、なんてやっていくと直結アンプでは無くなるし、またカソードフォロワーとかやって真空管を増やしていくと限りなく複雑になってしまう。

こうやって特性を良くしようとしても、音質が比例しないんだよね。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック