平熱の真空管アンプ

画像

インターネットをやる方々は、タイトルに似たWebページをご存じ
だろう。私も全段差動アンプを作ってみたのだ。2SK30A-6SN7-EL32
の構成である。OPTはタンゴのFE-25-8。出力段定電流回路を
ディスクリートにしたりして、「良い音」のチューニングをやった
つもりだ。ところが、良い音とひき換えに、そのアンプから
「音楽の楽しさ」が消えていってしまった。

そこで、差動アンプを半分切り取って、6SN7-6SN7-EL32のシングル
アンプを作ってみたのだ。出力段に定電流回路を入れてある。
OPTは東栄のOPT-5S。これには驚いた。「音楽の楽しさ」が感じ
られるのだ。何が違うのだろう???

私がよく聴くのは南米のフォルクローレだ。これが全てといって
いい。いわばラテン音楽だ。自分で演奏もする。これを聴いていて
楽しさが感じられなければ意味がない。

だんだん判ってきたのが、差動アンプにも弱点があるということ。
音楽をそのまま再生し、アンプの存在を感じさせない。これは
クラシック音楽には最高である。だから平熱の真空管アンプなのだ。
ところがラテン音楽には全く合わない。聴いていてつまらないのだ。

Webページをさまよっていたら、差動アンプのヒミツは定電流回路
にあった!と書いてあった。でもシングルアンプで定電流回路を
入れても楽しさが感じられるのは何故?

もしかしたらOPTが原因なのかもしれない。例えば差動アンプのOPT
を東栄のOPT-10Pに替えてみたらどうか?でもこの実験は数ヶ月
手つかずのままである。

これで変わったら、平熱の真空管アンプというニックネームを返上
できるのだが。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック