直結差動アンプ

画像
どこかの掲示板で真空管の直結差動アンプは難しい、って
書いてるけど前例があるんだよね。↓
http://www.ymalab.com/~shinichi/197602-2A3pp.htm
このアンプ、二十数年前に組んだことがある。
数年前にレストアしていつでも稼動可能な状態になってる。

次段ECC82のプレート電圧に差が出るので、100Ωだかの
半固定VRを初段ECC83のカソードに入れてバランスを取った。

この初歩のラジオの記事中に、藤本伸一氏が、
ECC82のプレート電圧に差があるわりには歪率に差が出なかった
ので、そのままにした、と書いていたのを覚えている。

気になるのなら初段カソードにVR入れておけば、実用上問題ない
のではないかと思う。半導体でDCサーボ入れているのをWebで
見かけるけど、わざわざ複雑にする必要はないと思う。

ちなみに直結差動アンプの製作例は↓
http://home.catv.ne.jp/kk/ryo-tai/a3500b.htm

まだあると思うけど、検索のキーワードが良くないみたいだ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック