45シングルアンプ・その1

画像
mixiから続いている45シングルアンプのお話。
現在45シングル試作アンプが常用のアンプになってしまい、なかなか
解体できずにいる。本番のアンプは部品がそろって、いわばキット
状態になっているのにだ。

試作アンプでOPTの1次インピーダンスを試しに5KΩから3.5KΩに変え
たら音の帯域のバランスが非常に良くなってしまった。でも45の動作点
を見直していないので出力が1.5Wに減少している。5KΩなら2W出ていた
はずだ。もともと5KΩで設計しているので、3.5KΩにするならEbを低く、
Ipを多くする必要がある。でもEbを低くすると初段・ドライバ段の5687
の+Bも低下してしまう。

解決策としては、初段・ドライバ段の+Bをダイオード整流で別電源と
すれば良い。良い点は、整流管を変更して単独に出力管のEbの調整が
できることである。欠点は、部品数が増えて回路が複雑になることである。
でも、肝心の音質への影響は殆んど無いと思われる。それにわざわざ
回路を複雑にするのはどうも、という気持ちがあるのだ。

また、2A3にも差し替え可能にしようなどと欲張りな設計なので、どう
しても45専用にフィッティングできないのだ。
出力管カソードには定電流回路が入っている。本番ではシャーシを
裏返しにすれば半固定VRで電流値を調整できるようにするつもり。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック