ロフチン・ホワイトアンプ

画像
EL32超3を作ってから、またロフチン・ホワイトアンプが気になっている。
画像の回路は、
http://www.wardsweb.org/audio/dc2a3.html から引っ張ってきたもの。

この回路の特徴は、出力信号のショートループ化が初段6SL7と出力段2A3の
両方に入っていること。2A3カソードと+Bを結ぶコンデンサはオリジナルの
ロフチン・ホワイトにあるが、初段にも入っている。但し、初段・出力段
ともにカソードのパスコンは省略されていない。ショートループ化で+Bの
デカップリングコンデンサが省略されている。ただ、それぞれカソードの
パスコンは省略されていないので、信号はGND経由でも流れることになる。

ショートループのコンデンサが直結になっているので、位相が逆の信号で
打ち消しあうことになるようだが、それがNFBになっているのだろうか。

6SL7のヒーターにバイアスがかけられているのは、電源投入時のH-K間絶縁
破壊を防止するためなのか。でも整流管5AR4のほうが6SL7より動作状態に
入るまでの時間が長いだろうから、カソード電圧が上昇することはないと
思う。

ロフチン・ホワイトアンプは直結構成のため、出力段のカソード電圧が高く
なりカソード抵抗からの発熱が大きい。この回路では片ch13.5Wだ。夏なら
とても使う気になれないが、冬専用アンプならヒーター代わりになって良い
だろう。発熱を気にするのならシャーシの外に出してしまったほうが良い。
抵抗のカソード側の電圧が高くなるので、直接触れないような処置が必要だ。

クロストーク対策を考えると、6SL7をLR共用で使うのではなく別々にし、
パラ使用のほうが良いのではなかろうか。この類のアンプは大して高域が
伸びていないだろうからそれで十分だ。後々SRPPに変更することもできる。

それぞれのグリッドに入っている抵抗は何だろうか。通常は発振止めだが
決してgmの高いタマを使っているわけではないのでたぶん不要だろう。
でも何か他に意味があるのかもしれないね。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック